その他の製品

データ通信ポリシーについて

[データ通信ポリシー]設定ウィンドウでは、ノートンのインターネット使用率を制限するポリシーを設定できます。

使っているインターネット接続に合った通信ポリシーを選択できます。ご利用中のインターネットプランが無制限の場合は、[無制限]ポリシーを設定すると、ノートンがノートンのサーバーに接続して確実な保護を実現します。ただし、ノートンのインターネット接続の使用率が大きすぎると考えられる場合には、ノートンのインターネット使用率を制限できます。データ通信ポリシーの機能は、ノートンのインターネット使用率の管理に役立ちます。

ノートンは、インターネットに接続するためにネットワーク接続を介してゲートウェイにアクセスします。接続デバイスとは 3G フォン、インターネットデータカード、無線ネットワークカードです。データ通信ポリシーの機能を使うと、ノートンがインターネットへの接続に使う各ネットワーク接続に対してポリシーを設定できます。

[データ通信ポリシー]設定ウィンドウには、ノートンがインターネットへの接続に使うすべてのネットワーク接続が表示されます。

[データ通信ポリシー]設定ウィンドウには次の情報が表示されます。

[ネットワーク接続]

利用可能なすべてのネットワーク接続が表示されます。

[ポリシー]

各ネットワーク接続のネットワークポリシーが表示されます。

[データ通信ポリシー]設定ウィンドウで利用可能なネットワーク接続ごとに異なるネットワークポリシーを設定できます。

[使用中]

ノートンがインターネットへの接続に現在使っているネットワーク接続が表示されます。

現在使用中のネットワーク接続にはチェックマークアイコンが表示されます。

ノートンがインターネットへの接続に使う各ネットワーク接続には、次のいずれかのポリシーを設定できます。

[自動]

Windows のデータ通信ポリシーに基づいてすべての製品とウイルス定義の更新を受信できます。

[自動]オプションは Windows 8 以降でのみ利用できます。

[無制限]

ノートンは、確実な保護に必要なネットワーク帯域幅を利用できます。Windows 7 以前を使っている場合、デフォルトポリシーは[無制限]に設定されています。

デフォルトのネットワーク接続の場合は[無制限]オプションを設定することを推奨します。この処理により、ノートンは確実にすべての最新のウイルス定義とプログラムの更新版を受信します。

[節約]

ノートンは、重要な製品のアップデートまたはウイルス定義を受信する場合にのみインターネットにアクセスできます。

インターネットの接続が制限されている場合は、[節約]オプションを選択して、各種のセキュリティの脅威から保護することができます。

[トラフィックなし]

ノートンによるインターネットへの接続を遮断します。このポリシーを選択した場合、ノートンは重要なウイルス定義とプログラムの更新を受信できません。そのため、潜在的な危険とウイルス攻撃にさらされる可能性があります。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v54476850
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2021/01/06