その他の製品

エラー: (9012, 809)「An error is preventing the VPN from connecting.Reference error ID 809 (エラーのため VPN 接続できません。参照エラー ID 809)」

このエラーは、IPSec ポートのネットワークトラフィックが遮断されている場合に表示されます。この問題を解決するには、デバイスでファイアウォールルールを作成して、UDP ポート 4500 と 500 を許可します。

手順 1

ファイアウォールを一時的に無効にする (テスト目的)

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[ファイアウォール]をクリックします。

  4. [一般設定]タブで、[スマートファイアウォール]の横のオン/オフスイッチを動かして[オフ]にします。

  5. デバイスセキュリティの設定ウィンドウを終了し、[マイノートン]ウィンドウで[セキュア VPN]をオンにします。

  6. 次のいずれかを行います。

    • セキュア VPN に接続できる場合は、手順 2 に進み、ファイアウォールルールを作成して、IPSec ポートを許可します。

    • まだセキュア VPN の接続でエラー ID 809 が表示される場合は、手順 3 に進みます。

手順 2

ノートンでファイアウォールルールを作成する

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[ファイアウォール]をクリックします。

  4. [トラフィックルール]タブで[追加する]をクリックします。

  5. [ルールを追加する]ウィザードで、指示に従って、UDP ポート 4500 と 500 のネットワークトラフィックを許可します。

手順 3

ネットワークルーターの設定を変更する

  • ネットワークルーターにファイアウォールがある場合、IPSec ポートが遮断されている可能性があります。ルーターのファイアウォールを無効にするか、設定を変更して、IPSec パススルーを許可するか、または UDP ポート 4500 と 500 へのアクセスを許可します。詳しくは、ルーターの製造元が提供するヘルプ文書を参照してください。

    問題が解決しない場合、インターネットサービスプロバイダに問い合わせて、UDP ポート 4500 と 500 へのアクセスを許可してもらいます。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v135460781
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2020/03/10