その他の製品

Android デバイスでの保護者による監視の推奨事項

新しいユーザーアカウントの作成の防止

Android 8.0 以降を実行しているデバイスは、複数のユーザーアカウントを使って設定されていることがあります。所有者プロファイルアカウント、ユーザーアカウント、ゲストアカウントなどがこれに該当します。デフォルトでは、これらのデバイスには所有者プロファイルアカウントがあります。必要に応じて、新しいユーザーアカウントやゲストアカウントを作成することにより、このデバイスを他のメンバーと共有できます。
お子様がこれらのデバイスのいずれかを使っている場合には、お子様がデバイスのログインに使ったアカウントにノートン ファミリーがインストールされている場合にのみ、お子様の活動を監視できます。また、お子様が自分のデバイスにログインするのに所有者プロファイルを使った場合には、お子様自身で簡単に新しいユーザーアカウントやゲストアカウントを作成して、オンラインで活動するためのアカウントを切り替えられます。この場合には、ノートン ファミリーは所有者プロファイル上にのみインストールされているので、お子様の活動を監視できません。
同様に、お子様のデバイスが 8.0 以降にアップグレードされた場合、ユーザーには所有者プロファイルアカウントが付与され、すべてのインストール済みアプリ (ノートン ファミリーを含む) はこのプロファイルの一部となります。したがって、お子様が該当のデバイスにログインするのに使うユーザーアカウントにノートン ファミリーをインストールすることと、お子様が新しいユーザーアカウント (ゲストアカウントを含む) を作成できないようにすることが必要です。詳しくは、「Android 8.0 以降のデバイスでお子様が新しいユーザーアカウントを作成することを防止する」をお読みください。

アプリの権限がオンになっていることを確認する

お子様がノートン ファミリーの保護から逃れることを避けるために、ノートン ファミリーはお子様のデバイスの特定のアプリの権限を必要とします。そのため、デバイスをお子様に渡す前に、必要な権限がオンになっていることを確認してください。お子様によって、またはデバイス自体によってそれらの権限がオフにされた場合は、保護者に通知が届きます。その場合は、保護を継続するために、必要な権限をもう一度オンにしてください。
ノートン ファミリーは、次の権限を必要とします。
デバイス管理者、ユーザー補助、使用履歴にアクセスできるアプリ、他のアプリの上に重ねて表示、位置情報、電話。

アプリの権限をオンにする

Android 11 以降では、アプリが数カ月使用されないと権限が失効します。これを変更するには、[設定]をタップし、[アプリの権限]をタップします。

  1. お子様のデバイスで、ノートン ファミリー保護者機能アプリを開きます。

  2. プロファイルアイコンをタップし、次に[権限]をタップします。

  3. [権限]画面で、赤い警告の印が付いた権限をオンにします。 :
    • [デバイス管理者]: お子様がノートン ファミリーアプリをアンインストールすることを防ぐために必要です。

      これをタップし、次に[このデバイス管理アプリをアクティブ化]をタップします。

    • [使用履歴にアクセスできるアプリ]: 時間の監視とアプリの監視が動作するために必要です。

      これをタップし、次に[ノートン ファミリー]をタップします。[使用履歴にアクセス]画面で、[使用履歴へのアクセスを許可]をオンにします。

    • [位置情報]: お子様の位置情報の追跡を可能にします。

      Android OS のバージョンに応じて、次のいずれかを行います。

      • Android 10.x 以前のバージョンの場合: [位置情報]をタップし、[常に許可]をタップします。

      • Android 11 以降の場合: [位置情報] > [常に許可]をタップします。

        [アプリ情報]ページで、[許可] > [位置情報]をタップし、[常に許可]を選択します。

    • [他のアプリの上に重ねて表示]: お子様の年齢には不適切だと考えられるアプリを遮断できるようにします。

      これをタップし、次に[他のアプリの上に表示することを許可]をオンにします。

    • [ユーザー補助]: お子様の Web 活動の監視を強化し、ノートン ファミリーの保護者機能アプリが承認なしでアンインストールされるのを防ぐために必要です。

      これをタップし、次に[ノートン ファミリーのアクセシビリティサービス]をオンにします。

    • [電話]: 禁止時間中やインスタントロック中に、緊急時の連絡先に電話をかけることを許可します。

      これをタップし、次にノートン ファミリーが連絡先にアクセスすることを許可します。

[遮断設定]アプリ

アプリと時間の監視を行うには、[設定]アプリのいくつかのオプションが常にオンである必要があります。お子様がこれらのオプションをオフにしないように注意してください。お子様が[設定]アプリを使用してこれらのオプションをオフにした場合は、ノートンの Web サイトまたは Android 版のノートン ファミリー保護者機能アプリを使用して[設定]アプリを遮断できます。
[設定]アプリを再び有効にするには、以下と同様の手順で操作してください。ただし、遮断をオフにします。

ノートンの Web サイトを使用する

  1. アカウントにサインインします。

  2. モバイルアプリ監視を設定するお子様を選択します。

  3. [モバイルアプリ監視]がオフになっている場合は、[オン/オフ]のスイッチを[オン]に移動してこの機能をオンにします。

  4. モバイルアプリ監視の家族ルールを表示または編集するには、設定アイコン をクリックします。
  5. [家族ルール]タブで、[設定]の隣のスライダーを動かしてアプリを遮断します。

  6. [保存]をクリックします。

ノートン ファミリー保護者機能アプリ Android 版を使用する

  1. 保護者モードでノートン ファミリーのアプリにサインインします。

  2. 管理するお子様をタップします。

  3. [ルール]タブに移動します。

  4. [活動]の下で[アプリの監視]をタップします。

  5. [アプリの監視]がオフになっている場合は、[オフ]ボタンをタップしてオンにします。

  6. [設定]アプリを確認し、[完了]をタップします。

Google アカウントを使用してノートン ファミリーアカウントにサインインしている場合、ノートン ファミリーの設定完了後に必ず、ブラウザで Google アカウントからサインアウトしてください。

さらに詳しくは、以下を参照してください。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v119047655
オペレーティングシステム: Android
最終更新日: 2021/12/01