その他の製品

侵入防止除外リストについて

ネットワーク上のデバイスが安全であるという確信がある場合は、そのデバイスの信頼レベルを[完全な信頼]に変更できます。[ネットワークの設定]の[デバイスの信頼]を使用して、デバイスの信頼レベルを設定できます。これらの信頼できるデバイスは侵入防止スキャンから除外できます。[完全な信頼]デバイスを侵入防止スキャンから除外すると、スキャン時間が節約されてパソコンのネットワーク速度が改善されます。[完全な信頼]に設定されているデバイスを除外すると、ノートン製品はこのデバイスから受信する情報をスキャンしません。侵入防止スキャンから除外された[完全な信頼]デバイスは侵入防止除外リストに追加されます。

侵入防止スキャンから除外したデバイスのいずれかが感染していることがわかった場合は、保存されている除外リストをリセットできます。除外リストをリセットすると、ノートン製品は IPS で除外されるすべてのデバイスを除外リストから削除します。

保存されている除外リストは、次の状況でリセットできます。

  • 侵入防止スキャンから除外したデバイスのいずれかが感染している。

  • 侵入防止スキャンから除外したデバイスのいずれかがパソコンを感染させようとしている。

  • ホームネットワークが感染している。

侵入防止除外リストからすべてのデバイスを削除する

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートンのメインウィンドウで[設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[ファイアウォール]をクリックします。

  4. [侵入防止とブラウザ保護]タブをクリックします。

  5. [侵入防止]の[除外リスト]行で[リセット]をクリックします。

  6. 確認ダイアログボックスで[はい]をクリックします。

  7. [設定]ウィンドウで[閉じる]をクリックします。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v37652136
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2021/01/06