その他の製品

ノートン ID セーフの入力アシスタント

入力アシスタント機能は、ID セーフがフォームの一部のフィールドの入力をスキップする場合のオンラインフォームの入力に役立ちます。ID セーフでは、保存したアドレスとウォレットを使って、Web サイトのフォームと銀行情報を自動的に入力します。このように、名前、誕生日、電話番号などの個人情報を求める長いフォームに入力する必要がありません。オンラインショッピングのたびに銀行情報またはクレジット情報を入力する必要もありません。オンラインフォームのフィールドに入力されていない場合、ID セーフによって[フォーム入力アシスタントを開く]情報バーが表示されます。[フォーム入力アシスタントを開く]オプションをクリックすると、[フォーム入力アシスタント]ペインを開くことができます。 入力アシスタントを使って、このようなフィールドに入力できます。 必要なのは、入力アシスタントからアドレスまたはウォレットを選択して、Web ページに必要な情報をドラッグアンドドロップすることのみです。

次の場合は、オンラインフォームのフィールドに入力されないか、不適切な入力が行われます。

  • オンラインフォームのフィールド名が住所またはウォレットに保存されているものと一致しない。 たとえば、国または地域フィールドに、ID セーフで認識できない別の名前が付けられていることがあります。

  • フィールドに、関連する名前がない。

  • フィールドで受け入れられるデータが、住所またはウォレットに保管されているものと異なる。たとえば、誕生日が住所には数値として保管されているが、オンラインフォームでは語句のみを受け入れることがあります。

一部の Web サイトでは、電子メールや電話番号などの個人情報の一部を要求することがあります。 そのような Web サイトでは、[入力アシスタント]を使って必要な詳細をすばやく入力できます。必要なのは、住所またはウォレットの情報をオンラインフォームのテキストフィールドにドラッグアンドドロップすることのみです。たとえば、オンラインフォームに電話番号を入力する場合は、住所からオンラインフォームのテキストフィールドに電子メールの詳細をドラッグアンドドロップします。このようにフォームに正しくない入力が行われないようにするのみでなく、サイバー犯罪者とキーロガーによる個人情報アクセスの防止にもなります。入力アシスタントを使うには、ブラウザでノートン ツールバーを有効にする必要があります。入力アシスタントを開くには、ノートン ツールバーで[データ保管庫は開いています]をクリックしてから、ポップアップの下部にある[フォーム入力アシスタントを開く]アイコンをクリックします。

入力アシスタント機能には、次のオプションがあります。

[住所]

データ保管庫に保存したすべてのアドレスを表示して選択できます。

[ウォレット]

データ保管庫に保存したすべてのウォレットを表示して選択できます。

[反対側に移動する]アイコンを使うと[フォーム入力アシスタント]ウィンドウを右から左または左から右に移動することができます。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v91953036
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2019/06/21