ダウンロードしたファイルが安全でないという警告が表示され、ファイルが削除された (ノートン製品)

この問題は、ダウンロードしたファイルの評価が低いことが原因で危険だと判断された場合に発生することがあります。ノートンのダウンロードインサイト機能は、インターネットからダウンロードする実行ファイルの評価情報を提供し、信頼レベルに基づいて対応を行います。評価の詳細情報で、ダウンロードしたファイルをコンピュータで実行しても安全かどうかがわかります。

デフォルトでは、ダウンロードインサイトは安全なファイルのインストールを許可します。危険なファイルの場合、ダウンロードインサイトは、ノートンがファイルを脅威として検出し、削除したことを通知します。ファイルの評価レベルが不明の場合、ダウンロードインサイトは、ユーザーが対応を選択できるようメッセージを表示します。

安全だとわかっているのに、評価が低いのでノートンが削除してしまうようなファイルをダウンロードしたい場合、ダウンロードインテリジェンス機能を一時的にオフにして、ダウンロードを許可します。ファイルをダウンロードしたら、必ずこの機能を再度オンにします。

次の手順は最新版のノートン製品向けです。以前のバージョンのノートン製品をお持ちの場合や、お使いの製品のバージョンがご不明な場合は、ノートン アップデートセンターにアクセスしてください。

[ダウンロードインテリジェンス]をオフにする

  1. ノートンを起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [詳細設定]ウィンドウで、[ファイアウォール]をクリックします。

  4. [侵入防止とブラウザ保護]タブで、[ダウンロードインテリジェンス]の横のスライダーを右に動かして[オフ]にします。

  5. [設定]ウィンドウで[適用]をクリックします。

  6. [セキュリティ要求]ダイアログボックスのドロップダウンリストでダウンロードインサイトをオフにする期間を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

  7. [OK]ボタンをクリックします。

ファイルに感染等の問題がないことが確実であれば、ファイルやフォルダをスキャン対象から除外できます。

スキャンからファイルやフォルダを除外する

  1. ノートンを起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [詳細設定]ウィンドウで、[ウイルス対策]をクリックします。

  4. [スキャンとリスク]タブで、[自動保護、SONAR、ダウンロードインテリジェンスの検出から除外する項目]の横の[設定]をクリックします。

  5. [リアルタイム除外]ウィンドウで、[ファイルの追加]または[フォルダの追加]をクリックします。

  6. [項目の追加]ウィンドウで、ファイルまたはフォルダを参照して選択し、[OK]ボタンをクリックします。

  7. [適用]ボタン、[OK]ボタンの順にクリックします。

ファイルが脅威でないことが確実な場合は、シマンテックに誤検知としてファイルを提出できます。誤検知を報告する前に、ご使用のノートンに最新のウイルス定義の更新が含まれていることを確認します。ライブアップデートを実行して、ノートンで利用可能なアップデートをすべてインストールしてください。最新のウイルス定義を使用しても誤検知が発生する場合は、シマンテック社に報告してください。誤検知の提出先のリンクは、お客様が受け取った個別の検出や警告により異なります。

正しくないと思われる検出 (誤検知) を報告する (英語)

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この情報は役に立ちましたか?

文書番号(ID): v80629965_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2017/09/15