その他の製品

検疫済みのリスクまたは脅威を処理する

検疫項目はパソコンの他の部分から隔離されているため、感染が広がったりパソコンに感染する可能性はありません。ノートン製品ではリスクと識別されないものの、感染していると考えられる項目がある場合は、項目を検疫に手動で入れることができます。項目のリスクが低いと考えられる場合は、検疫から項目を復元することもできます。ノートン製品は復元された項目を修復しません。ただし、ノートン製品は復元された項目を後続のスキャンで駆除できます。

検疫から項目を復元する

  1. ノートン デバイスセキュリティ製品を開きます。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートン製品のメインウィンドウで、[セキュリティ]をダブルクリックしてから[履歴]をクリックします。

  3. [セキュリティ履歴]ウィンドウの[表示]ドロップダウンリストで[検疫]カテゴリを選択します。

  4. 管理する項目を選択します。

  5. [詳細]ペインで[オプション]をクリックします。

    [その他のオプション]リンクを使って、項目に対する処理を選択する前にその項目についての詳細を表示できます。このリンクで、リスクに関する詳しい情報を含む[ファイルインサイト]ウィンドウが開きます。

  6. [脅威が検出されました]ウィンドウで次のいずれかのオプションを選択します。

    • [復元する]: 項目をパソコンの元の場所に戻します。このオプションは手動で検疫した項目に対してのみ利用できます。

    • [復元してこのファイルを除外する]: 項目を修復せずに元の場所に戻し、今後のスキャンでこの項目が検出されないように除外します。このオプションは検出されたウイルス性脅威と非ウイルス性脅威に対して利用できます。

    • [履歴から削除する]: 選択した項目を[セキュリティ履歴]ログから削除します。

  7. 復元する場合は、[検疫の復元]ウィンドウで[はい]をクリックします。

  8. [フォルダの参照]ダイアログボックスで、ファイルの復元先のフォルダまたはドライブを選択し、[OK]をクリックします。

誤ってセキュリティリスクであると識別されたファイルを復元する

デフォルトでは、ノートンはパソコンからセキュリティリスクを削除して検疫します。ファイルが誤って削除されたと考えられる場合は、ファイルを検疫から元の場所に戻して今後のスキャンから除外できます。

検疫からファイルを復元する

    プログラムは安全であると確信する場合にのみノートンのスキャンからプログラムを除外します。たとえば、別のプログラムが機能するのにセキュリティリスクプログラムを使う場合には、パソコンにそのプログラムを残すことにする場合があります。

  1. ノートン デバイスセキュリティ製品を開きます。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートン製品のメインウィンドウで[セキュリティ][履歴]の順にクリックします。

  3. [セキュリティ履歴]ウィンドウの[表示]ドロップダウンメニューで[検疫]を選択します。

  4. 復元したいファイルを選択します。

  5. [詳細]ペインで[オプション]をクリックします。

  6. [脅威が検出されました]ウィンドウで[このファイルを復元して除外]をクリックします。

  7. [検疫の復元]ウィンドウで[はい]をクリックします。

  8. [フォルダの参照]ダイアログボックスで、ファイルの復元先のフォルダまたはドライブを選択し、[OK]をクリックします。

ノートンによる評価に項目を提出する

セキュリティリスクと考えられるファイルを提出することで、ノートン製品の有効性に貢献できます。ノートン セキュリティレスポンスがファイルを分析し、リスクである場合は、今後の保護定義に追加します。

個人の身元を特定する情報が提出物に含まれることは決してありません。

  1. ノートン デバイスセキュリティ製品を開きます。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートン製品のメインウィンドウで、[セキュリティ]をダブルクリックしてから[履歴]をクリックします。

  3. [セキュリティ履歴]ウィンドウの[表示]ドロップダウンリストで[検疫]カテゴリを選択します。

  4. 管理する項目を選択します。

  5. [詳細]ペインで[オプション]をクリックします。

    [その他のオプション]リンクを使って、項目に対する処理を選択する前にその項目についての詳細を表示できます。このリンクで、リスクに関する詳しい情報を含む[ファイルインサイト]ウィンドウが開きます。

  6. [脅威が検出されました]ウィンドウで[ノートンに提出する]をクリックします。

  7. 表示される画面で[OK]をクリックします。

項目を手動で検疫する

  1. ノートン デバイスセキュリティ製品を開きます。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートン製品のメインウィンドウで、[セキュリティ]をダブルクリックしてから[履歴]をクリックします。

  3. [セキュリティ履歴]ウィンドウの[表示]ドロップダウンリストで[検疫]カテゴリを選択します。

  4. [検疫に追加]をクリックします。

  5. [手動検疫]ウィンドウで検疫するファイルを追加して、参照用に説明を入力します。

    いずれかの実行中のプロセスに関連付けられているファイルを検疫した場合は、プロセスが終了されます。そのため、ファイルを検疫に追加する前に、開いているファイルと実行中のプロセスをすべて閉じてください。

さらに詳しくは、以下を参照してください。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v6200305
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2021/11/01