その他の製品

Mac 上でノートンが検疫したファイルの修復、復元、または削除

ノートンが、最新のウイルス定義では排除できない脅威を検出すると、Mac で拡散または感染しないように、影響を受けたファイルを検疫します。ファイルが検疫された場合、Finder でそのファイルを表示したり、使用することはできません。

使用している一部のアプリが、ノートンによって脅威として分類、検疫されたファイルにアクセスする必要がある場合があります。たとえば、多くのシェアウェアまたはフリーウェアのアプリは、脆弱性を引き起こすアドウェアをダウンロードします。これらのアプリは、アプリが操作する必要があるアドウェアファイルをノートンが検疫していれば、動作しません。

ノートンが表示する[検疫に入ったファイル]ウィンドウで、検疫された感染ファイルの詳細をさらに確認できます。新しいウイルス定義を受信した場合、検疫された項目の修復を試みることができます。一部の検疫項目は、ノートン製品による再スキャン後に正常に駆除が実行されます。このような項目は復元することもできます。

安全であるという確信がない場合は、検疫ファイルを復元しないでください。項目を元の場所以外のフォルダに復元すると正しく機能しないことがあります。したがって、プログラムを再インストールすることを推奨します。

場合によっては、[ファイルを削除しました]ウィンドウが表示され、ノートンが特定の感染ファイルを自動的に検出してゴミ箱に移動したか、修復できないファイルを Mac から削除したことが示されます。ファイルを修復できない場合、そのファイルは検疫に移動されるか、削除されます。

検疫に入ったファイルの修復、復元、または削除

    一部の検疫項目は、ノートンによるウイルスのアップデートのダウンロードと項目の再スキャンの後に修復できます。

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートン製品のメインウィンドウで[詳細設定]または[設定]をクリックします。

  3. 左ペインで[アクティビティ]をクリックします。

  4. [セキュリティ履歴]行で、表示アイコンをクリックします。

  5. [セキュリティ履歴]ウィンドウの[Mac を保護する]で、[検疫]をクリックします。

  6. 検疫された項目のリストで、表示する項目を選択します。

  7. 左上隅の[処理]アイコンをクリックして、次のいずれかをクリックします。

    • [修復]。脅威を排除するためにファイルを再スキャンします。

    • [復元](非推奨)。脆弱性を引き起こす可能性があるファイルを検疫から取り出し、元の場所に戻します。

    • [削除]。検疫および Mac からファイルを完全に削除します。

  8. [完了]をクリックします。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v10416013
オペレーティングシステム: Mac OS X
最終更新日: 2020/07/10