その他の製品

侵入防止の設定を構成する

侵入防止はオンライン時にユーザーを攻撃から保護します。ネットワークトラフィックで、ソーシャルの脅威やアウトバウンド攻撃などの攻撃シグネチャをスキャンして、オペレーティングシステムや使用中のプログラムの脆弱性を悪用しようとする試みを見つけます。ユーザーの安全を保つために、侵入防止は既知の攻撃シグネチャを持つデータを送信しようとするパケットをパソコンから破棄します。また、それらのパソコンへの接続を遮断します。

デフォルトでは、侵入防止はオンになっています。下の設定をカスタマイズするには、オンにしておく必要があります。

侵入防止をオフにした場合、パソコンはインターネットの脅威とセキュリティリスクから十分に保護されません。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v15471442
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2021/01/06