その他の製品

シマンテックに正しくないと思われる検出 (誤検知) を報告する

この文書では、オンライン誤検知報告フォームを使って、シマンテックに正しくないと思われる誤検知を報告する方法について説明します。

シマンテックに誤検知を報告する

  1. 次のページにアクセスします。正しくないと思われる検出 (誤検知) を報告する (英語)

  2. [When did the detection you are reporting occur? (報告しようとしている検出にいつ気付きましたか)]で、最も適当な選択肢を選びます。

    • A1 - When downloading or uploading a file (ファイルのダウンロード/アップロード時)

    • A2 - While using an application (アプリケーションの使用中)

    • A3 - When installing an application (アプリケーションのインストール時)

    • A4 - When browsing the web (Web の閲覧時)

    • A5 - During a scheduled scan, or during a scan I requested (定時スキャン中や、自分で実行したスキャン中)

    • A6 - When sending or receiving email (電子メールの送受信時)

    • A7 - While writing or reading files to/from a storage device (ストレージデバイスからのファイル読み込み時/書き込み時)

    • A8 - Don't know, am unsure, or the options provided do not apply (わからない、はっきりしない、上記のどれも当てはまらない)

  3. [Next (次へ)]ボタンをクリックします。

  4. [Which product were you using when you saw this? (どの製品を使っていて表示されましたか)]で、製品を選択します。

    各製品の横の[View screenshot (スクリーンショットを表示)]をクリックすると、サンプルのスクリーンショットが表示されます。

    • Enterprise Endpoint Products (エンタープライズエンドポイント製品)

      • B1 - Symantec Endpoint Protection 12.x

      • B2 - Symantec Endpoint Protection 14.x

    • Advanced Threat Protection

      • B3 - Symantec Advanced Threat Protection: Network、Endpoint、Roaming

    • Consumer Endpoint Products (コンシューマエンドポイント製品)

      • B4 - Norton Internet Security or Norton AntiVirus (ノートン インターネットセキュリティまたはノートン アンチウイルス)

      • B5 - Norton Security or Norton Security with Backup (ノートン セキュリティまたはノートン セキュリティ with バックアップ)

      • B6 - Norton 360 (ノートン 360)

      • B7 - Norton Rescue Tool (Norton Power Eraser or Norton Bootable Recovery Tool) (ノートン レスキューツール (ノートン パワーイレイサーまたはノートン ブータブルリカバリツール))

    • Cloud and Services (クラウド、サービス)

      • B8 - Symantec Endpoint Protection SBE 2013

      • B9 - Web Security.cloud

    • Mobile (モバイル)

      • B10 - Norton Mobile Security (any version) (ノートン モバイルセキュリティ (すべてのバージョン))

    • B11 - Don't know, am unsure, or the options provided do not apply (わからない、はっきりしない、上記のどれも当てはまらない)

  5. [Next (次へ)]ボタンをクリックします。

  6. [Which of the following types of detection are you reporting? (次のうち、どの種類の検出を報告しようとしていますか)]で、適当な選択肢を選びます。

    手順 2 と 4 の回答によっては、一部の選択肢が表示されないことがあります。

    • C1 - Download/File Insight (Reputation Based Detection) (ダウンロード/ファイルインサイト (評価ベースの検出))

    • C2 - SONAR (Behavioral Heuristics Detection) (SONAR (ビヘイビアヒューリスティックス検出))

    • C3 - Auto-Protect (File Based Detection) (自動保護 (ファイルベースの検出))

    • C4 - ATP AntiVirus / AV File Scanning (File Based Detection) (ATP アンチウイルス/AV ファイルスキャン (ファイルベースの検出))

    • C5 - IPS (Network Intrusion Detection, Vantage) (IPS (ネットワーク侵入検出、Vantage))

    • C6 - On-Demand Scan / Scheduled Scan (オンデマンドスキャン/定時スキャン)

    • C7 - SafeWeb (Phishing URLs, Malicious Web Pages) (セーフウェブ (フィッシング詐欺 URL、悪質な Web ページ))

    • C8 - Cynic (Sandbox Detonation) (Cynic (サンドボックスデトネーション))

    • C9 - Mobile Insight (Mobile App Analysis and Reputation Based Detection) (モバイルインサイト (モバイルアプリ分析と評価ベースの検出))

    • C10 - Dynamic Adversary Intelligence

    • C11 - Don't know, am unsure, or the options provided do not apply (わからない、はっきりしない、上記のどれも当てはまらない)

  7. [Next (次へ)]ボタンをクリックします。

  8. [Help us locate the software (ソフトウェアを特定する情報)]で、ドロップダウンリストから適切な提出の種類を選択します。

    • [Upload a file (ファイルをアップロード)]の場合

      [ファイルを選択]をクリックし、提出するファイルを選択します。

      ファイルアップロードのガイドライン:

      • アップロードできるファイルの最大サイズは 100MB です。

      • 対象のファイルを ZIP または RAR 形式で圧縮することで、1 回の送信で最大 9 つのファイルをアップロードできます。

      • アップロードするファイルにはパスワードを設定しないでください。パスワードで保護されたファイルは処理できません。

    • [Provide a direct download URL (直接ダウンロード可能な URL を提供)]、[Provide Dynamic Adversary Intelligence URL (ATP) (Dynamic Adversary Intelligence の URL を提供 (ATP))]、[Provide blocked URL (IPS) (遮断された URL を提供 (IPS)]の場合

      テキストボックスに URL を入力します。

      直接ダウンロード可能な URL のガイドライン:

      • URL は http://、https://、ftp:// のいずれかで始まり、応答としてファイルを返すものである必要があります。

      • ファイルにはパスワードを設定しないでください。パスワードで保護されたファイルは処理できません。

    • [Provide a password protected URL (パスワードで保護されたURLを提供)]の場合

      URL、ユーザー名、パスワードを入力します。

      • この選択肢は、パスワードで保護された URL を提供するためのものです。提供された資格情報を使用してファイルを自動的にダウンロードしようと試みます。

      • URL は http://、https://、ftp:// のいずれかで始まり、応答としてファイルを返すものである必要があります。

      • ファイルにはパスワードを設定しないでください。パスワードで保護されたファイルは処理できません。

    • [Provide a File Hash (ファイルのハッシュ値を提供)]の場合

      テキストボックスにファイルのハッシュ値を入力します。

      ハッシュ値提供のガイドライン:

      • 提出できるハッシュ値の形式は、MD5 または SHA256 のみです。

      • ファイルの最大サイズは 100MB です。

      • 提出できるハッシュ値は、1 つのファイルに対するもののみです。ZIP や RAR などのコンテナ形式はサポートされていません。

  9. [Tell us about the detection (検出についての情報)]に必要な情報を入力します。

    • Name of the software being detected (検出されたソフトウェアの名称)

      わからない場合や、はっきりしない場合は、このフィールドをスキップできます。

    • Name of detection given by Symantec product (シマンテック製品が表示した検出名)

      このフィールドは必須です。

    • File quarantine, product clipboard information, or additional details (ファイル検疫、製品のクリップボード情報、その他の詳細情報)

      製品のメインウィンドウで[セキュリティ]をダブルクリックし、[履歴]をクリックします。[セキュリティ履歴]ウィンドウで、[表示]の横のドロップダウンリストから[検疫]を選択します。項目をクリックし、[その他のオプション]>[クリップボードにコピーする]とクリックします。その後、フィールドに内容を貼り付けます。

  10. [Your details (お客様の情報)]に必要な情報を入力します。

    • Contact Name (お名前)

    • Email address (電子メールアドレス)

    • Confirm email address (確認のため、再度電子メールアドレス)

      追跡番号と結果についての電子メールを送信しますので、正しい電子メールアドレスを入力してください。

    • Are you the creator or distributor of the software in question? (問題のソフトウェアの制作者/販売者代理店ですか)

  11. [Submit (提出)で、[I understand (理解しました)]を選択します。

    できるだけ多くの情報を提供してください。情報が不十分な場合、お申し出は却下されます。

  12. [Security characters (セキュリティ文字列)]に表示された文字列を[Answer (答え)]欄に入力し、[Submit (提出)]をクリックします。

  13. 誤検知の報告が問題なく提出されると、追跡番号が記載された英語の電子メールが送信されます。

    件名: [No Reply] False Positive submission ([返信不可] 誤検知の提出) (12345)

    Thank you for contacting Symantec. (シマンテックにご連絡いただきありがとうございます。)

    Your submission has been received and will be reviewed. (お客様の提出を受理いたしました。現在処理中です。)We endeavor to respond to all submissions within 2 working days. (弊社では提出後 2 営業日以内にご返答するよう努めます。)

    The tracking number for your submission is (お客様の提出に対する追跡番号は): 12345, please reference this tracking number in any further correspondence on this issue. (本件についてお問い合わせいただく場合、この追跡番号をお知らせください。)

  14. シマンテックから誤検知の提出の結果についての英語の電子メールを送信いたします。

    • 悪質なファイル/URL であると判断された場合:

      件名: [No Reply] False Positive submission ([返信不可] 誤検知の提出) (12345)

      In relation to submission 12345. (番号の提出について)

      Upon further analysis and investigation, we have determined that the URL(s) in question meets the necessary criteria to be detected by our products and as such, the detection cannot be revoked. (詳細に分析、調査した結果、弊社では、弊社製品により問題の URL が検出されるのに十分な条件を満たしていると判断いたしました。この検出結果を取り消すことはできません。)

    • 悪質なファイル/URL でないと判断された場合:

      件名: [No Reply] False Positive submission ([返信不可] 誤検知の提出) (12345)

      In relation to submission 12345. (番号の提出について)

      Upon further analysis and investigation, we have verified your submission and, as such, the detection(s) for the following file(s) will be removed from our products: (詳細に分析、調査した結果、弊社では、お客様の提出内容が正しいことを検証しました。弊社製品は、以下のファイルを検出対象から除外いたします。)

      • File name (ファイル名):

      • MD5:

      • SHA256:

        Note: Whitelisting may take up to 24 hours to take effect by LiveUpdate. (注: ライブアップデートによりホワイトリストに掲載されるまでに最大 24 時間かかります。)

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v126152382
オペレーティングシステム: Windows, Mac OS X
最終更新日: 2019/06/03