メッセージ:「接続エラー:セキュア VPNで接続エラーが発生しました。 しばらくしてからもう一度お試しください」

ログインとユーザーデータの保存を求める政府規制があるため、ノートン セキュア VPN およびセキュア VPN はインド国内で利用できなくなりました。ただし、インド国外を旅行する際は製品およびライセンスをご利用いただけます。

この件についてカスタマーサポートにご連絡いただいても、同じメッセージが提示されます。何らかのサポートやトラブルシューティングを提供することはできません。

この問題は、ノートン セキュア VPN が VPN サーバー接続の確立に失敗した場合に発生します。デバイスがインターネットに接続していることを確認してください。

LiveUpdate を実行してノートン製品を最新の状態にしてから、パソコンを再起動してください。

問題が解決しない場合は、オペレーティングシステムに応じて、次のいずれかを選択します。

Windows

WAN ミニポートドライバをアンインストールし、再インストールする

  1. Windows+R キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。

  2. 次の文字列を入力して、Enter キーを押します。

    devmgmt.msc
  3. デバイスマネージャ]ウィンドウで、[ネットワークアダプタ]をダブルクリックします。

  4. [ネットワークアダプタ]で、[WAN ミニポート (IKEv2)]をダブルクリックしてドライバのプロパティを開きます。

    ネットワークアダプタ]に[WAN ミニポート (IKEv2)]が見つからない場合、上部メニューバーで、[表示]>[非表示のデバイスの表示]とクリックします。

  5. ドライバ]タブで、[削除]または[デバイスの削除]をクリックします。

  6. 画面の指示に従います。

  7. 手順 4 から 6 を繰り返して、以下のドライバを削除します。

    • WAN ミニポート (IP)

    • WAN ミニポート (IPv6)

    画面の指示に従って WAN ミニポートおよび TAP ドライバを削除します。

  8. デバイスマネージャ]ウィンドウ上部のツールバーで、[操作]>[ハードウェア変更のスキャン]とクリックします。

  9. 画面の指示に従って WAN ミニポートデバイスドライバをインストールします。

    デバイスドライバのインストールが完了したら、ノートンデバイスセキュリティ製品を起動し、セキュア VPN をオンにできます。問題が解決しない場合、ネットワークアダプタと TCP/IP スタックをリセットください。

ネットワークアダプタと TCP/IP スタックのリセット

  1. Windows+R キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。

  2. 次の文字列を入力して、Enter キーを押します。

    cmd
  3. コマンドプロンプトウィンドウで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    netsh winsock reset

    Winsock のリセットが完了すると、メッセージ「Winsock reset completed successfully」がコマンドプロンプトウィンドウに表示されます。

  4. コマンドプロンプトウィンドウで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    netsh int ipv4 reset

    IPV6 を使用する場合は、次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

    netsh int ipv6 reset
  5. すべてのプログラムを終了してコンピュータを再起動します。

    それでも接続できない場合は、セキュア VPN のルート証明書を確認してください。

セキュア VPN のルート証明書の確認

  1. Windows+R キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。

  2. 次の文字列を入力して、Enter キーを押します。

     certlm.msc
  3. 個人]フォルダを展開して、[証明書]をクリックします。

  4. 画面右側の[発行者]カテゴリで、SurfEasy 項目を探します。

    「Surf Easy 証明書」がローカルマシン証明書ストアにインストールされていることを確認します。([個人]、[信頼されたルート証明機関]、[中間証明機関])

  5. 複数の SurfEasy エントリが表示される場合は、古い証明書を削除してください。

    ノートン製品のインストール日を確認するには、次の手順を実行します。

    • Windows+R キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。

    • 次の文字列を入力して、Enter キーを押します。

      appwiz.cpl
    • インストールされたプログラムの一覧から、ノートン 360 またはノートン セキュア VPN を探し、「インストール日」を確認します。

    • ノートン製品のインストール日を SurfEasy 証明書の有効期限と照らし合わせて、重複を削除します。

  6. [証明書マネージャ]ウィンドウを終了します。

  7. ノートンデバイスセキュリティ製品を起動し、セキュア VPN をオンにできます。

問題が解決しない場合は、ノートン セキュア VPN をアンインストールし、再インストールします。詳細な手順については、「ノートン セキュア VPN のアンインストールと再インストール」をお読みください。

Mac

この問題を解決するには、開いているすべてのアプリケーションを閉じ、セキュア VPN が搭載されているノートン製品のアクティブ化に使用したユーザーアカウントでログインしてから、VPN オプションをオンにします。

アクティブな Mac ユーザーアカウントを使用してログアウト/ログインを行う

  1. 開いているアプリケーションをすべて終了します。

  2. 画面左上隅の Apple メニューアイコン をクリックし、次に ログアウト をクリックします。

  3. 確認画面が表示されたら[ログアウト]をクリックします。

  4. Mac 向けに複数のユーザーアカウントを作成している場合、Mac にはすべてのアクティブなユーザーアカウントが表示されます。セキュア VPN が搭載されているノートン製品をアクティブ化したユーザーアカウントを選択します。

  5. 選択したユーザーアカウントに関連する Mac 管理者アカウントのパスワードを入力します。

VPN をオンにする

  1. Mac でノートン デバイスセキュリティ製品を開きます。

  2. マイノートン]ウィンドウで、[セキュア VPN]の横にある[オンにする]をクリックします。

  3. 画面上の指示を確認し、[続行]をクリックします。

  4. メッセージが表示されたら、[許可する]をクリックし、Mac に新しい VPN プロファイルを作成します。

  5. Apple のキーチェーンアクセスに関する通知が表示され、VPN 接続に必要な認証データを求められます。NEIKEv2Provider はセキュア VPN 接続を確立するサービスです。

    キーチェーンのパスワードは、Mac にログインする際に使用するユーザーアカウントのパスワードと同じです。Mac 管理者アカウントのパスワードを入力して[常に許可]をクリックし、VPN プロファイルにサインインすると、キーチェーンアクセスに関する警告は再表示されなくなります。

    キーチェーンのパスワードは、Mac のログインアカウントのパスワードと異なる場合があります。Mac のキーチェーンのパスワードを思い出せない場合は、Apple サポート文書を参照してください。

    初めて表示された警告通知で[許可する]オプションをクリックした場合、キーチェーンに関する警告が再表示されることがあります。このような場合は、次回キーチェーンに関する警告が表示されたときに[常に許可]オプションをクリックすると、VPN オプションにアクセスする際に、キーチェーンに関する警告が再表示されなくなります。

免責事項: ノートン LifeLock は、サードパーティのサイト上のデータ、意見、アドバイス、説明の信頼性について、一切の責任を負わないものとします。ノートンLifeLock は、便宜上これらのリンクを提供しているにすぎません。ノートンLifeLock はリンク先サイトのコンテンツを保証、推奨することを意味するものではなく、また、ノートンLifeLock はこれらのサイトのコンテンツについて、一切の責任を負わないものとします。

さらにサポートが必要な場合

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる