その他の製品

ノートン自動実行リストアを使ってファイルを復元する

ノートン自動実行リストア機能では、光ディスクまたは USB ドライブにバックアップされたファイルを復元できます。Autorun ではノートンがインストールされていないパソコンにバックアップファイルを復元できます。

バックアップファイルを含む光ディスクを挿入すると、Autorun Restore 機能は自動的に[ポータブル復元]ウィンドウを開きます。バックアップファイルを元の場所またはカスタムの場所に復元できます。

Windows の自動実行オプションを無効にしている場合、Autorun Restore 機能を手動で起動する必要があります。

[ポータブル復元]ウィンドウの[起動]オプションを使用して、ノートンを開くことができます。

[ポータブル復元]ウィンドウには次の情報が表示されます。

  • バックアップセットの名前

  • バックアップファイルのサイズ

  • ファイルのバックアップを作成した日時

復元したいファイルを選択できます。ファイルを元の場所に復元できます。デフォルトでは Autorun は選択されたファイルを C:\Restored Files\ に復元します。 選択したファイルを復元する場所をカスタマイズできます。

ドライブで利用可能なバックアップセットが[ポータブル復元]ウィンドウに表示されない場合は、管理者として ARestore.exe を実行します。

ノートン自動実行リストアを使ってファイルを復元する

  1. バックアップファイルを含む光学ディスクを挿入します。

  2. [ARestore]アイコンをクリックします。

    [Windows AutoPlay]オプションを無効にしている場合は、バックアップのある光学ディスクに移動し、[ARestore]アイコンをダブルクリックして Autorun Restore 機能を起動します。

  3. [ポータブル復元]ウィンドウで[復元するファイルの選択]オプションをクリックします。

  4. 表示されるウィンドウの左ペインの[フィルタ結果基準]セクションで、ファイルを復元するファイルカテゴリをクリックします。

  5. 右ペインで復元したいファイルにチェックマークを付けます。

    すべてのファイルを復元するには、左ペインの[フィルタ結果基準]セクションで、[すべてのファイルの種類]をクリックしてから[バックアップ項目]の近くのヘッダーのチェックボックスにチェックマークを付けます。

  6. [復元先]で次のいずれかをクリックします。

    • [元の場所]

      元の場所にファイルを復元する場合はこのオプションを選択します。

    • [カスタムの場所]

      新しい場所にファイルを復元する場合はこのオプションを選択します。デフォルトでは Autorun は選択されたファイルを C:\Restored Files\ に復元します。

  7. [選択項目の復元]をクリックします。

  8. 画面の指示に従ってファイルの復元を完了します。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v29695660
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2019/06/21