その他の製品

ノートン モバイル セキュリティの Wi-Fi セキュリティの警告を表示して対応する

Android デバイスを使用している

ノートン モバイル セキュリティの Wi-Fi セキュリティ機能は、デバイスが接続する無線ネットワークをスキャンし、次のセキュリティ検査を行います。
  • SSL ストリッピング

  • SSL 復号

  • ARP スプーフィング

  • パスワード保護

  • 暗号化強度

  • DNS 詐称

  • 疑わしいハードウェアの検出

  • Evil Twin の検出

セキュリティ検査の結果に応じて、識別された問題の解決方法を提案します。
Wi-Fi セキュリティはデバイスが Wi-Fi ネットワークに接続するたびにセキュリティ検査を実行します。セキュリティ検査は手動でも実行できます。

Wi-Fi ネットワークのセキュリティ検査を行う

  1. ホーム画面から、ノートン モバイル セキュリティを起動します。

  2. メイン画面下部の[オンライン]アイコンをタップします。
  3. [オンライン]画面で[Wi-Fi セキュリティ]をタップします。

    Wi-Fi セキュリティ検査が完了するまで待ちます。

  4. Wi-Fi セキュリティにより無線ネットワークに何らかのセキュリティリスクが識別された場合は、画面上に推奨解決策と解決手順が表示されます。

iOS デバイスを使用している

Wi-Fi セキュリティでは、デバイスが接続している無線ネットワークをスキャンして以下を確認します。
  • SSL ストリッピング

  • SSL MiTM

  • コンテンツ操作

  • 疑わしいネットワークハードウェア

  • ホットスポットの評価

Wi-Fi セキュリティは、Wi-Fi ネットワークに接続するたびに自動的にセキュリティ検査を実行し、識別された問題の推奨解決策を提示します。

ノートン セキュア VPN を含むノートン 360 プランのライセンスをお持ちの場合、ノートン モバイル セキュリティによって VPN 設定が自動的に有効になり、危険な状態のネットワークに接続すると警告が表示されます。警告を表示するには、まずご使用のデバイスでセキュア VPN を設定する必要があります。詳しくは、「ノートン モバイル セキュリティ iOS 版でセキュア VPN を設定する」をお読みください。

Wi-Fi セキュリティの警告を表示して対応する

  1. ホーム画面から、ノートン モバイル セキュリティアプリを起動します。

  2. [Wi-Fi セキュリティ]をタップして、Wi-Fi セキュリティ検査が完了するまで待ちます。

  3. Wi-Fi セキュリティで無線ネットワークに何らかのセキュリティリスクが識別されると、デバイスで VPN をすでに有効にしている場合は、ノートン モバイル セキュリティによって VPN 設定が自動的に有効になります。デバイスで VPN の自動接続オプションを設定していないか、無効にしている場合は、ノートンによって警告が表示されます。警告で次のいずれかを実行します。

    • [VPN の自動接続をオンにする]をタップして、危険な状態のネットワーク接続で VPN 設定を自動的にオンにします。

    • [ネットワークの接続を解除]をタップして、画面上の推奨事項と修正手順を読みます。

    警告が表示されるのは、ノートン セキュア VPN が含まれているノートン 360 をお持ちの場合のみです。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v125405421
オペレーティングシステム: Android, iOS
最終更新日: 2021/11/02