その他の製品

Windows レジストリを消去するのはなぜですか?

Windows レジストリは、それがなくては Windows が動作できない、Windows オペレーティングシステムの重要な設定と構成情報を保管するために使われるデータベースです。レジストリには、すべてのハードウェア、ソフトウェア、ユーザーの情報と設定、パソコンとオペレーティングシステムの設定が含まれています。

コントロールパネルの設定、ファイルの関連付け、システムポリシー、インストール済みソフトウェアに変更を加えるたびに、その変更が反映され、レジストリに保管されます。パソコン上でアプリケーションを実行すると、レジストリにいくつかの変更が加えられる可能性があります。

時間とともに、無効なエントリまたは孤立した参照が Windows レジストリに蓄積される可能性があります。これらの問題は、以下に示すいくつかの理由で蓄積される可能性があります。

  • 無効なファイルまたはフォルダ参照のほか、起動プログラムの孤立を発生させる、ソフトウェアのアンインストールまたは不適切な削除

  • 見つからないか壊れたハードウェアまたはソフトウェアドライバがインストールされていること

  • ショートカットによって参照されているファイルの削除

無効なエントリが蓄積されると、システムのパフォーマンスが低下し、エラーメッセージが表示されたり、プログラムが正しく機能しなかったり、システムが不安定になってクラッシュしたりする可能性があります。

レジストリクリーニングにより、これらの問題を検出し、解決できます。

Windows レジストリを消去するにはどうすればよいですか?

無視リストを設定するにはどうすればよいですか?

Windows レジストリの問題を修復するにはどうすればよいですか?

どのレジストリセクションがスキャンされますか?

レジストリを圧縮するにはどうすればよいですか?

スマート断片化解消とは何ですか?

システムの起動に時間がかかる場合はどうすればよいですか?

ノートン ユーティリティーズにようこそ

[パフォーマンス]タブの[レジストリのクリーニング]オプションを使って、Windows レジストリをクリーニングできます。

Windows レジストリを消去するには

  1. ノートン ユーティリティーズのメインウィンドウで[パフォーマンス]タブを選択します。

  2. [パフォーマンスホーム]ウィンドウの[処理の選択]で、[レジストリのクリーニング]をクリックします。

  3. [レジストリのクリーニング]ウィンドウで、実行するスキャンの種類を選択します。

    次のオプションがあります。

    • [完全レジストリスキャン]: Windows レジストリの詳細スキャンと総合スキャンを実行できます。完全レジストリスキャンでは、Windows レジストリでレジストリのすべてのセクションの無効なエントリを検索できます。

    • [カスタムレジストリスキャン]: カスタムスキャンを実行でき、スキャン対象にするレジストリのセクションを選択できます。カスタムスキャンを選択した場合は、表示されるリストからクリーニング対象のレジストリの領域を選択します。

  4. [スキャンを開始]をクリックして、システム上でレジストリの問題のスキャンを開始します。スキャン中に、Windows レジストリで無効なエントリが検索されます。スキャンの進行に伴い、進捗バーにスキャンの進捗と各スキャンカテゴリで見つかった問題が示されます。

    赤色の[中止]アイコンをクリックすると、いつでもスキャンを中止できます。

  5. スキャンの最後に、スキャン結果が表示されます。この画面から、無効なエントリを安全に修復して、システムのパフォーマンスの安定性を向上できます。

ノートン ユーティリティーズでは問題を修復するたびに自動的にレジストリのバックアップが作成されるため、のちの PIT (Point In Time) でバックアップの復元が必要になった場合に簡単に復元できます。

レジストリを圧縮するにはどうすればよいですか?

How do I configure Ignore Lists?

How do I repair Windows Registry problems?

What registry sections are scanned?

How do I compact my Registry?

Welcome to Norton Utilities

[レジストリ無視リスト]ウィンドウで、無視する値とサブキーのリストを設定できます。スキャン結果ウィンドウから、無視リストに追加した値またはサブキーのリストを確認できます。

このウィンドウには以下のタブがあります。

  • [値]: 追加した値のリストを確認できます。

  • [キー]: 追加したキーとサブキーのリストを確認できます。

無視リストを設定するには

  1. ノートン ユーティリティーズのメインウィンドウで[パフォーマンス]タブを選択します。

  2. [パフォーマンスホーム]ウィンドウの[処理の選択]で、[レジストリのクリーニング]をクリックします。

  3. [レジストリのクリーニング]ウィンドウで、[無視リストの設定]リンクをクリックします。

  4. [レジストリ無視リスト]ウィンドウで、値またはキーリスト内の項目を変更できます。これらの機能は、選択したリスト内の項目にのみ影響を与えます。

    次のオプションがあります。

    • [追加]: 最初から新しい値またはサブキーを作成し、リストに追加できます。

    • [削除]: 無視リストから特定の項目を削除できます。このリストから項目を削除するには、チェックボックスにチェックマークを付け、[削除]ボタンをクリックします。単一の項目を削除するには、その項目を強調表示し、このボタンをクリックします。

ノートン ユーティリティーズには、この無視リストとは異なる、内部無視リストも用意されています。このリストの更新は定期的にリリースされ、スマート更新によって入手できます。

Why should I clean the Windows Registry?

How do I clean the Windows Registry?

How do I repair Windows Registry problems?

What registry sections are scanned?

How do I compact my Registry?

Welcome to Norton Utilities

ノートン ユーティリティーズがシステムのスキャンを終了すると、スキャン中に見つかった問題が[レジストリスキャン結果]ウィンドウに一覧表示されます。スキャンされたすべてのセクションが、そのセクションで見つかった問題の数とともに一覧表示されます。

[レジストリスキャン結果]ウィンドウは以下の 2 つのセクションに分かれています。

  • [レジストリスキャンカテゴリ]: このセクションは画面の左側に表示されます。レジストリの問題は、これらのいずれかのカテゴリに分類されます。いずれかのカテゴリを選択して、そのカテゴリで見つかったレジストリの問題を確認できます。

  • [レジストリの問題の詳細]: このセクションは画面の右側に表示されます。選択したレジストリカテゴリに基づいて、スキャンで見つかったレジストリの問題のリストを確認できます。

デフォルトでは検出されたすべての項目にチェックマークが付けられ、修復の準備ができています。結果を確認し、[修復]を選択して検出されたすべての項目を修復できます。

経験のあるユーザーは、[修復]機能を使って Windows レジストリの修復と変更を確定する前に、ここで各問題の処理プロパティを変更することもできます。

Windows レジストリの問題を修復するには

  1. ノートン ユーティリティーズメインウィンドウで[パフォーマンス]タブを選択します。

  2. [パフォーマンスホーム]ウィンドウの[処理の選択]で、[レジストリのクリーニング]をクリックします。

  3. [レジストリのクリーニング]ウィンドウで必要なスキャンの種類を選択し、[スキャンを開始]をクリックします。

  4. [レジストリスキャン結果]ウィンドウで、レジストリスキャンカテゴリをクリックして、[レジストリの問題の詳細]セクションでレジストリの詳細を確認します。

  5. 問題をダブルクリックして、その問題に関する追加情報を確認します。

  6. [すべてのセクション]をクリックして、スキャンで見つかったすべての問題を確認します。[スキャン結果]画面に表示される各問題の詳細には以下が含まれます。

    • 問題の優先度レベルと問題の簡単な説明

    • 問題が見つかったレジストリ内の場所

    • 問題のある値の名前とそれに含まれるデータ

  7. [スキャン結果の修正]: 問題を修正するには、問題を選択し、右クリックして以下に示す処理メニューを表示します。このメニューには、問題を修復する前に問題に対して実行できるすべての処理が一覧表示されます。このメニューから適切な処理を選択します。

    問題によっては、一部の処理を利用できないことがあります。

    • [項目を保存]: 問題を保存できます。デフォルトでは、スキャン結果画面上のすべての問題が削除対象として自動的に選択されています。

    • [項目の削除]: 項目を修復後に削除できます。[処理]メニューから[項目の削除]を選択します。

    • [値を無視リストに追加]/[サブキーを無視リストに追加]: 値またはサブキーを個別の[無視リスト]に追加することによって、修復機能が実行されたときにレジストリエントリの値またはキーが修復されないようにし、今後のスキャンで検出されないようにできます。

    • [すべてを保存]: すべての問題を保存できます。デフォルトでは、スキャン結果画面上のすべての問題が削除対象として自動的に選択されています。

    • [すべてを削除]: すべての問題を削除できます。特定の問題の修復に加えて、スキャン結果画面の選択されたセクション内のすべての問題を修復できます。

    • セクション内のすべての問題を修復するには: 左側のセクションを選択し、[処理]メニューから[すべてを削除]を選択できます。

  8. スキャン結果画面に一覧表示されたすべての問題の処理と変更に問題がなければ、[修復]ボタンをクリックします。このボタンをクリックすると、[無視リスト]に対する追加を含めて、スキャン結果画面上のすべての処理と変更がレジストリの関連エントリに適用されます。

Why should I clean the Windows Registry?

How do I clean the Windows Registry?

How do I configure Ignore Lists?

What registry sections are scanned?

How do I compact my Registry?

Welcome to Norton Utilities

以下のセクションは、レジストリの整合性と最適化を実現するために、安全にスキャンされます。

  • [ソフトウェアの場所]: このセクションには、システムにインストールされたソフトウェアアプリケーションの場所が含まれます。これらの場所は、アプリケーションのインストール中にレジストリに登録されます。

  • [レジストリ整合性]: このセクションには、マイドキュメント、お気に入り、プロファイルなどのフォルダを含む、重要な Windows シェルフォルダエントリが含まれます。

  • [Windows フォント]: このセクションには、Windows オペレーティングシステムのフォントフォルダに登録されているフォントのリストが含まれます。

  • [ヘルプとリソース]: Windows スタンダードでは、アプリケーションがレジストリのこのセクションにヘルプファイルを登録することが示されます。

  • [共有 DLL]: このセクションには、システムに登録された共有制御ファイルに関連する情報が含まれます。

  • [スタートアッププログラム]: Windows では、 Windows の起動時に実行されるように設定される項目がレジストリのこのセクションに登録されます。これらのレジストリエントリには、ハードディスクドライブ上のこれらの項目の場所に対する参照が含まれます。

  • [プログラムの追加と削除]: Windows のコントロールパネルからアクセスできる Windows の標準の「プログラムの追加と削除」アプレットを使って、ソフトウェアを確実にアンインストールできます。

  • 「プログラムの追加と削除」機能を使ってソフトウェアの削除を実行しなかった場合 (たとえば、Windows Explorer から実際のプログラムインストールフォルダを削除することによって、プログラムがシステムから削除された場合など)、アンインストールファイルへのリンクは「プログラムの追加と削除」リストに残ります。

  • [仮想デバイス]: このセクションには、システムに登録された仮想ドライバに関連する情報が含まれます。

  • [拡張子]: このセクションには、アプリケーションのインストール中にレジストリに通常登録される拡張子のリストが表示されます。これらの問題は、アプリケーションのアンインストーラによってハードディスクドライブからプログラムファイルが削除され、関連付けられている拡張子がレジストリから削除されていないときに発生する可能性があります。

  • [一時ファイル/ショートカット]: レジストリスキャンが実行されると、ノートン ユーティリティーズでは[オプション] > [ショートカットの設定]の順に選択して表示される画面で選択したすべての場所がスキャンされ、孤立したショートカット、一時 (.tmp) ファイル、ScanDisk または CheckDisk 断片化 (.chk) ファイルがハードディスクドライブから削除されます。

  • [カスタム制御]: アプリケーションがインストールされると、そのアプリケーションによってカスタム制御ファイルの場所が新しいエントリとしてレジストリのこのセクションに登録されます。

  • [詳細スキャン]: [詳細スキャン]セクションでは、前述のセクションの対象にならないレジストリの領域が対象になります。

Why should I clean the Windows Registry?

How do I clean the Windows Registry?

How do I configure Ignore Lists?

How do I repair Windows Registry problems?

How do I compact my Registry?

Welcome to Norton Utilities

レジストリを圧縮すると、レジストリからギャップ、無駄な領域、壊れたキーが削除されます。また、Windows のレジストリファイルの物理的な断片化解消が実行されます。

圧縮プロセスが完了すると、レジストリは線形構造になり、アプリケーションの応答時間とレジストリのアクセス時間が短縮され、システムのパフォーマンスが向上します。

レジストリを圧縮するには

    レジストリを圧縮する前に、[システム復元ポイントの作成]チェックボックスにチェックマークを付けます。

  1. ノートン ユーティリティーズのメインウィンドウで[パフォーマンス]タブを選択します。

  2. [パフォーマンスホーム]ウィンドウの[処理の選択]で、[レジストリの圧縮]をクリックします。

  3. [レジストリの圧縮]ウィンドウで、[開始]をクリックしてレジストリを圧縮します。

    レジストリ圧縮には以下の 3 つのステージがあります。

    • [分析]: レジストリクリーニングの前に、ノートン ユーティリティーズで、ギャップ、空き容量、壊れたキーについてレジストリが分析され、バックアップが作成されます。

    • [結果をプレビュー]: クリーニングが開始されると、古いレジストリエントリの有無が調べられ、自動的にレジストリから削除されます。パソコン上の無駄な領域と、保存されている領域の % を確認します。

    • [レジストリ圧縮]: バックアップ後にクリーニングが完了すると、[レジストリ圧縮]画面が表示されます。

  4. [適用]をクリックして、最初のステップ (分析) 中に加えた変更を適用します。変更をレジストリに反映させるには、パソコンを再起動する必要があります。

Why should I clean the Windows Registry?

How do I clean the Windows Registry?

How do I configure Ignore Lists?

How do I repair Windows Registry problems?

What registry sections are scanned?

Welcome to Norton Utilities

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v83507412
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2019/06/11