その他の製品

ノートン モバイルセキュリティのシステムアドバイザーで KRACK 脆弱性についての警告が表示される

システムアドバイザーはお客様のデバイスをスキャンし、KRACK などの既知の脆弱性や信頼できない証明書が見つかった場合に警告します。デバイスが root されているかどうかも検査します。これらのリスクが検出された場合、システムアドバイザーはリスクの解決方法について案内します。

Key Reinstallation Attacks (KRACK) 脆弱性により、攻撃者は Wi-Fi ネットワークを通じて送られるクレジットカード番号、パスワード、電子メールなどの重要な情報にアクセスできてしまいます。また、攻撃者はお客様のデバイスをマルウェアやランサムウェアに感染させる可能性もあります。KRACK 脆弱性について詳しくは、次の記事をお読みください。KRACK: Wi-Fi 暗号化で見つかった新しい脆弱性についての基礎知識

KRACK 脆弱性を修正するには、すべての Wi-Fi 対応デバイスで、ファームウェアとソフトウェアの利用可能な更新がすべてインストールされていることを確認します。詳しくは、デバイスの製造元にお問い合わせください。

保護されていない Wi-Fi ネットワークに接続する場合、お客様のデバイスを保護するため、VPN サービスの利用をお勧めします。詳しくは、ノートンの VPN ソリューション、ノートン WiFi プライバシーをご覧ください。

この脆弱性の警告を再度表示したくない場合、システムアドバイザーの KRACK についての警告ウィンドウで[無視]をタップして、[無視したリスク]の一覧に追加します。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v125547031_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Android
最終更新日: 2018/01/02