インテル アンチセフトを非アクティブ化する

コンピュータの使用頻度が不明な場合は、インテル アンチセフトを非アクティブ化できます。インテル アンチセフトを非アクティブ化すると、コンピュータを長期間使わなかった場合でも、コンピュータは自動的に無効になりません。

インテル アンチセフトを非アクティブ化する

  1. インテル アンチセフト機能が有効になっているコンピュータにインテル アンチセフト回復ツールをダウンロードします。

  2. ATRecovery.msi を右クリックし、[インストール]をクリックします。

  3. 使用許諾契約を読み、使用許諾契約に同意するチェックボックスにチェックマークを付けて受け入れてから[インストール]をクリックします。

  4. インストールが完了したら[完了]をクリックします。

  5. インテル アンチセフト回復ツールが自動的に起動して、コンピュータでインテル アンチセフト機能が有効になっているかどうかを調べます。

  6. [AT を登録解除 (Unenroll AT)]ボタンをクリックし、インテル アンチセフト機能を非アクティブ化するプロセスを開始し、[はい、AT を登録解除します (Yes, Unenroll AT)]をクリックします。

  7. プロセスが終了すると、[正常に完了!]画面が表示され、インテル アンチセフト機能が正常に非アクティブ化されたことを確認できます。[続行]をクリックして続行します。

  8. [はい]をクリックして、インテル アンチセフト回復ツールを削除します。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この情報は役に立ちましたか?

文書番号(ID): v75154176_NAT_Retail_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2016/09/12