その他の製品

ノートン アンチスパムが一部の電子メールをスパムメールと誤検知してタグ付けしてしまう

この問題は、送信者のアドレスやドメインが手違いで[遮断リスト]に追加された場合に発生することがあります。

[遮断リスト]に送信者のアドレスやドメインが見つからない場合、ノートン アンチスパムの[許可リスト]に追加することをお勧めします。

次の手順は最新版のノートン製品向けです。以前のバージョンのノートン製品をお持ちの場合や、お使いの製品のバージョンがご不明な場合は、ノートン アップデートセンターにアクセスしてください。

[遮断リスト]から送信者のアドレスまたはドメインを削除する

  1. ノートンを起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[スパム対策]をクリックします。

  4. [フィルタ]タブで、[遮断リスト]の横の[設定]をクリックします。

  5. [遮断リスト]ウィンドウで、削除したい項目を選択し、[削除]をクリックします。

  6. [適用]ボタンをクリックして、[OK]ボタンをクリックします。

[許可リスト]に送信者のアドレスまたはドメインを追加する

  1. ノートンを起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[スパム対策]をクリックします。

  4. [フィルタ]タブで、[許可リスト]の横の[設定]をクリックします。

  5. [許可リスト]ウィンドウで、[追加]をクリックします。

  6. [電子メールアドレスの追加]ウィンドウで、[アドレスの種類]ドロップダウンリストから、アドレスの種類を選択します。

  7. 送信者の氏名とアドレスを追加し、[OK]ボタンをクリックします。

  8. [許可リスト]ウィンドウで、[適用]、[OK]の順にクリックします。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v72527583_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2018/10/30