その他の製品

[閲覧オプション]について

[閲覧オプション]では、表示する Web ページのログイン情報を ID セーフで収集、保存、表示する方法を設定できます。フォームがある Web サイト用に作成したカードを表示するように ID セーフを設定できます。セキュリティの脅威がある Web サイトに対して自動入力の設定を行うこともできます。

[閲覧オプション]ウィンドウでは、次のオプションを設定できます。

[1 つのページにログイン情報が複数あるとき、すべて表示する]

複数のログイン情報がある Web サイトを表示するたびにログイン情報を表示するように ID セーフを設定します。

[Web サイトを参照するときにログイン情報を自動入力する]

Web サイトを表示したときにログインの詳細を自動入力します。

[入力可能なフォームがあるページを参照するたびに ID カードを表示する]

個人情報の詳細を入力するフォームを含む Web ページを表示するたびに ID カードを表示します。

[ID セーフのホームページを新しいタブ上に開く]

[ID セーフのホームページ]オプションを選択すると新しいページに ID セーフのホームページを開くことができます。

[Web サイトにログインするときに資格情報を保存する]

表示した Web サイトのログイン資格情報を保存できます。

次のオプションを使って提出物を設定できます。

  • [はい、自動的に保存する]

  • [一切保存しない]

  • [保存前に確認する]

また、[セキュリティの脅威があるサイトで自動入力する]オプションを使って、セキュリティの脅威がある Web サイトに対する ID セーフの応答を指定することもできます。[ブラウザのパスワードマネージャをオフにする]オプションを使ってブラウザのパスワードマネージャをオフにすることもできます。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v71885811_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2012/07/28