[パスワードとセキュリティ]

[パスワードとセキュリティ]ウィンドウを使って次のこともできます。

  • ID セーフパスワードを変更します。

  • ID セーフのパスワードの使用状況に応じてセキュリティレベルを設定します。

    [ID セーフパスワード]

    ID セーフパスワードを変更して新しいパスワードのヒントを設定します。

    [パスワードセキュリティ]

    ID セーフパスワードのセキュリティレベルを指定します。

    ID セーフでは、ID セーフパスワードの保護のために 3 つのセキュリティレベルがあります。次のいずれかのオプションを選択します。

    • [各ログインセッションの始まりにパスワードを要求する]

      初めて ID セーフにアクセスするときに ID セーフパスワードの入力を要求します。

      ログイン情報をより安全にするためにこのオプションを使うことをお勧めします。

    • [ログイン情報の入力前にパスワードを要求する]

      ログイン情報の自動入力の前にすべてのオンラインフォームに ID セーフパスワードの入力を要求します。

      個々のログイン情報で自動入力の前に ID セーフパスワードの入力を要求するように指定できます。

    • [一定時間操作がない場合、ID セーフから自動的にログアウトするまで]

      指定した期間 ID セーフが使われなかった場合、ID セーフから自動的にログアウトします。アイドルタイムアウトの時間は[15 分]、[30 分]、[45 分]に設定できます。

      他の人がこのコンピュータにアクセスできるような場所にいることが多い場合にこのオプションが役立ちます。

    • [中断からの再開時にパスワードを要求する]

      システムが中断の状態から復元されたときに ID セーフパスワードの入力を要求します。

      このオプションは、システムが中断の状態から復元されるたびに ID セーフパスワードを確認して ID セーフデータの悪用を防止します。

      システムが中断の状態になったときに ID セーフデータベースにログインしていた場合にのみ、ID セーフパスワードを入力するように要求するノートン ID セーフのメッセージが表示されます。

    プロファイルのセキュリティレベルを現在のセキュリティレベルより低い設定に変更するたびに、ID セーフパスワードの有効性を確認する必要があります。

セキュリティ設定について

ウォレットの追加

ログイン情報の編集と削除

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v71682543_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 8,Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2013/08/08