セキュリティ設定について

ノートン ID セーフの[セキュリティ]オプションにより、ID セーフデータベースのセキュリティレベルを設定できます。ID セーフパスワードを変更することもできます。

ID セーフデータベースには、適切に扱わないと、個人情報の盗難により悪用される可能性のある重要な情報が保管されます。[セキュリティ]オプションは、ID セーフデータベースのセキュリティを追加します。ID セーフデータベースにアクセスする方法を設定できます。

[セキュリティ]オプションを使って、次のことができます。

  • ID セーフデータベースアクセスの設定

  • ID セーフパスワードの変更

Windows で[セキュリティ]設定にアクセスするには、ノートン ID セーフのメインウィンドウで、歯車が表示されている設定アイコンをクリックしてから、[セキュリティ]タブをクリックします。

Mac で[セキュリティ]設定にアクセスするには、メニューバーでノートン ID セーフ、[ユーザー設定]、[セキュリティ]タブの順に選択します。

次のオプションがあります。

[ID セーフデータベースアクセス]

ID セーフデータベースを開くための次のセキュリティオプションを設定できます。次のオプションがあります。

  • [各ログインセッションの始まりにパスワードを要求する]: 初めてノートン ID セーフにアクセスするときにパスワードを入力します。

    このオプションを使って ID データの安全性を高めることをお勧めします。

  • [ログイン情報の入力またはフォームへの入力前にパスワードを要求する]: フォームまたはログイン情報の自動入力前にパスワードを入力します。

  • [アクティブでない状態が <数字> 分間続いた場合に ID セーフデータベースを閉じる]: 指定した期間 ID セーフを使わなかったときに、ID セーフから自動的にログアウトします。アイドルタイムアウトの期間は 15 分、30 分、45 分に設定できます。

    このオプションは、犯罪発生率が高い地域に頻繁にいる場合に便利です。

  • [スリープ時に ID セーフデータベースを閉じる]: システムが中断状態にあるときに、ID セーフから自動的にログアウトします。

[ID セーフパスワード]

ID セーフパスワードを設定できます。次のオプションがあります。

  • [ID セーフパスワードを変更する]: ID セーフパスワードを変更したり、新しいパスワードのヒントを設定したりできます。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v71133088_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2015/09/28