ログイン情報の保存

ID セーフでは、ログイン情報を手動と自動のどちらでも保存できます。ログイン情報を保存しておくことで、アクセスした Web サイトのサインインフィールドを安全な方法で簡単に入力できます。自動入力オプションを使うと、次回その Web サイトにアクセスしたときにログイン情報が ID セーフによって自動的に入力されます。同じ Web サイトに複数のログイン情報を保存している場合、ID セーフでは、その Web サイト用の特定のログイン情報を選択できます。この場合は、自動入力では、最後に保存したログイン情報が使われます。別のログイン情報を使ってサインインする場合は、情報バーからそのログイン情報を選択します。

ID セーフにログインして、Web サイトで使うログイン情報を保存する必要があります。パスワードフィールドまたはユーザー名フィールドが空白の場合、ID セーフはログイン情報の保存を要求しません。

デフォルトでは、ログイン情報が自動的に保存されます。この設定を変更する場合は、次のいずれかの操作をします。

  • Windows の場合は、ノートン ID セーフメインウィンドウで、[設定]、[閲覧]タブの順にクリックし、[Web サイトにログインするときに資格情報を保存する]オプションを設定します。[常時]、[いいえ]、[確認]を設定できます。デフォルトでは[常時]の設定になっています。

  • Android の場合は、ノートン ID セーフアプリで、アプリボタン、[設定]、[ID セーフデータベース]、[ログイン情報とパスワード]の順にタップし、[Web サイトにログインするときに資格情報を保存する]のチェックマークを設定します。

  • iOS の場合は、ノートン ID セーフアプリで、アプリボタン、[設定]、[ID セーフデータベース]の順にタップし、[ログイン情報の自動保存]スイッチを[オン]または[オフ]の位置に動かします。

ID セーフでは、製品の有効期間が終了した後も、Web サイト用に保存したすべてのログイン機能にアクセスできます。

ログイン情報を保存するには

  1. ログイン情報を保存する Web サイトに進みます。

  2. ログインの詳細を入力してからログインするためのオプションまたはリンクをクリックします。

    ID セーフはログインの詳細を初めて入力するときに自動的に保存します。

Web サイトの追加のログイン情報を保存するには

  1. 追加のログイン情報を保存する Web サイトに進みます。

    ログイン資格情報は Web ページに自動的に表示されます。

  2. Web ページに表示されたログイン資格情報を消去します。

  3. 新しいログイン情報を入力してからログインするためのオプションまたはリンクをクリックします。

  4. [このサイト用に保存したログイン情報を変更しますか?]というメッセージが表示されたら、[新規保存]をクリックします。

    この確認メッセージは、同じ Web サイトに対して初めて別のログイン情報を保存する場合にのみ表示されます。

  5. [ログイン情報名を指定]というメッセージが表示されたら、[保存]をクリックします。デフォルトでは、ノートン ID セーフによってこのログイン情報に名前が指定されます。名前を変更するには、指定された名前を消去して、新しい名前を入力します。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v71133073_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2015/10/26