ID セーフデータのエクスポート

セキュリティ目的やデータ回復のため、または ID セーフデータを新しいコンピュータに移す場合に、ID セーフデータをエクスポートできます。

ID セーフデータをエクスポートするために ID セーフデータベースのパスワードを検証する必要があります。

次のオプションを使って ID セーフデータをエクスポートできます。

[ファイル形式]

バックアップファイル形式を選択できます。

次のオプションがあります。

  • [ID セーフバックアップ形式]

    ID セーフデータを .DAT ファイル形式でバックアップできます。

  • [テキスト形式 - CSV ファイル (ログイン情報とメモのみ)]

    ID セーフデータを .CSV ファイル形式でバックアップできます。この形式を使って ID セーフデータベース上のカード情報をエクスポートすることはできません。

    シマンテック社は、保護の強化のために ID セーフバックアップ形式で ID セーフデータをバックアップすることをお勧めします。

[データのエクスポート先]

指定した場所にすべての ID セーフデータをバックアップできます。

場所を入力または検索し、.DAT 拡張子または.CSV 拡張子を付けてファイル名を入力できます。

[パスワード](省略可能)

バックアップファイルのパスワードを指定できます。

バックアップしたデータを復元するときに、このパスワードを指定する必要があります。データが悪用されるのを防ぐためにパスワードを指定することをお勧めします。ID セーフパスワードとは異なるパスワードを指定できます。

ID セーフデータを .CSV ファイル形式でエクスポートする場合、[パスワード]フィールドは無効になります。

[確認]

指定したパスワードを確認できます。

ID セーフデータを .CSV ファイル形式でエクスポートする場合、[パスワード]フィールドは無効になります。

インポート設定とエクスポート設定について

ID セーフデータのエクスポート

ID セーフデータのインポート

Creating Norton Identity Safe Cloud Vault

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v70635090_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 8,Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2013/08/08