ID セーフデータのインポート

以前にバックアップしたファイルから ID セーフデータをインポートできます。ポータブルプロファイルから ID セーフデータをインポートすることもできます。

インポートするときのファイルのサイズは、.CSV ファイルの場合は 15 MB 以内、.NPM ファイルの場合は 35 MB 以内である必要があります。

ID セーフデータをインポートする場合、次のオプションがあります。

  • インポートしたデータをクラウド ID セーフデータベースに結合する。

  • ID セーフデータベースに保存した既存の ID セーフデータを、インポートしたデータに置き換える。

次のオプションを使って ID セーフデータをインポートできます。

[データのインポート元]

ID セーフデータのインポート元のファイルを参照して検索できます。

外付けドライブをポータブルプロファイルに接続する場合、次のオプションがあります。

  • [ポータブルプロファイル (ドライブ: <ドライブ:\>)]

    このオプションは、ID セーフデータをポータブルプロファイルからクラウド ID セーフデータベースにインポートする場合に選択します。

  • [バックアップファイル]

    このオプションは、以前にバックアップしたファイルから ID セーフデータをインポートする場合に選択します。

[パスワード]

パスワードを指定できます。

データをバックアップしたときに指定したパスワードと同じパスワードを入力する必要があります。データをポータブルプロファイルからインポートしようとする場合は、ポータブルプロファイルのパスワードを入力します。

[データのインポート時]

インポートオプションを選択できます。

次のオプションがあります。

  • [既存のデータと結合する]

    インポートした ID セーフデータを、クラウド ID セーフデータベースに結合できます。データを結合する場合、インポートしたデータはすでに保存されているデータに追加されます。

  • [既存のデータを置き換える]

    インポートした ID セーフデータを、クラウド ID セーフデータベースに置き換えることができます。データを置き換えると、すでに保存されているデータがインポートしたデータによって上書きされます。

これらのオプションは、バックアップファイルから ID セーフデータをインポートする場合にのみ表示されます。

[結合後に元のデータを削除します]

インポート後にポータブルプロファイルから ID セーフデータを削除する場合に選択できます。

このオプションは、ポータブルプロファイルからデータをインポートする場合にのみ表示されます。

インポート設定とエクスポート設定について

ID セーフデータのインポート

ID セーフデータのエクスポート

セキュリティ設定について

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v70600116_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 8,Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2013/07/09