その他の製品

オンライン ID セーフデータベースを開く

ノートン ID セーフによって、オンライントランザクションの実行中に重要な情報を管理し、セキュリティを強化することができます。ID セーフには、住所、ログイン情報、パスワード、クレジットカードの詳細などの個人情報を安全に保存するさまざまな機能があります。

ID セーフ機能を使うと、移動中に ID セーフデータを簡単に使うことができます。クラウド ID セーフデータベースを作成し、そのクラウド ID セーフデータベースにデータを保存できます。インターネットに接続された任意のコンピュータから重要な ID セーフデータにアクセスできます。

1 つのノートン アカウントにクラウド ID セーフデータベースを 1 つのみ作成できます。

[オンライン ID セーフデータベースを開く]ウィンドウには、次のオプションがあります。

[保存したログイン情報にアクセスするには ID セーフパスワードを入力します]

クラウド ID セーフデータベースの ID セーフパスワードを入力します。

[パスワードのヒントを表示]

ID セーフデータベースの設定時に入力したヒントを表示できます。

[ID セーフデータベースを開く]

クラウド ID セーフデータベースにログインできます。

[新しい ID セーフデータベース[住所]]

クラウド ID セーフデータベースをリセットして、新しい ID セーフデータベースを作成できます。

クラウド ID セーフデータベースをリセットすると、クラウド ID セーフデータベース内にあるデータが完全に削除されます。

ノートン ID セーフについて

Creating Norton Identity Safe Cloud Vault

ログイン情報の編集と削除

ウォレットの追加

メモの編集または削除

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v70596068_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows 8,Windows 7,Windows Vista,Windows XP
最終更新日: 2013/08/08