その他の製品

閲覧設定について

Norton Password Managerの[閲覧]オプションにより、オンラインでの ID セーフの動作を設定できます。

デフォルトの閲覧設定をそのまま利用することをお勧めします。

閲覧オプションでは、次の操作を実行できます。

  • Web サイトにアクセスするときはいつでも、ログイン情報とアドレスが表示されるように ID セーフを設定できます。

  • Web サイトにアクセスするときのログイン情報の自動入力を有効にしたり無効にしたりできます。

  • ブラウザのパスワード管理機能をオフにしたりオンにしたりできます。

  • Web サイトにアクセスしたときに資格情報を自動的に保存できます。

Windows で[閲覧]設定にアクセスするには、Norton Password Managerのメインウィンドウで、歯車が表示されている設定アイコンをクリックしてから、[閲覧]タブをクリックします。

次のオプションがあります。

[ログイン情報の保存]

次のオプションを設定できます。

  • [Web サイトにログインするときに資格情報を保存する]: 参照する Web サイトの資格情報を保存できます。次のオプションがあります。

    • 常時

    • いいえ

    • 確認

  • [ブラウザのパスワード管理機能をオフにする]: ブラウザのパスワード管理機能の動作を指定できます。次のオプションがあります。

    • はい

    • いいえ

    • 確認

[情報バー]

次のオプションを設定できます。

  • [1 つのサイトに複数のログインする場合に、ログインを表示する]: 複数のログイン情報のある Web サイトにアクセスするときに、すべてのログイン情報を表示します。

  • [フォームがあるページを参照するたびに入力オプションを表示する]: 個人情報を入力するフォーム付きの Web ページにアクセスするときに、住所を表示します。

  • [データ保管庫を開くときに確認]: アクセスした Web サイトに入力が必要なフィールドがあるときに、データ保管庫を開くかどうかを確認するメッセージを表示します。

[入力]

[Web サイトを参照するときにログイン情報を自動入力する]: Web サイトにアクセスするときにログイン情報を自動入力します。

[セキュリティの脅威があるサイトで自動入力する]: セキュリティの脅威がある Web サイトに応答するときの ID セーフの動作を指定できます。オプションは次のとおりです。

  • はい

  • いいえ

  • 確認

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v70595363_identity_safe_standalone_1_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2018/08/02