その他の製品

検疫済みのリスクまたは脅威を処理する

検疫項目はパソコンの他の部分から隔離されているため伝染またはパソコンに再感染する可能性はありません。ノートン製品ではリスクと識別されないものの、感染していると考えられる項目がある場合は、項目を検疫に手動で入れることができます。

検疫項目を誤って開いてウイルスが伝染する可能性はありませんが、シマンテック社への提出のためにその検疫項目を評価できます。

検疫項目の種類

[セキュリティリスク]

別のプログラムが正しく動作するために必要とされるスパイウェアやアドウェアなど、一般に危険度が低い項目。

これらの項目は必要に応じて復元できます。

[セキュリティの脅威]

ウイルスおよびその他の危険度が高い項目。

検疫項目に処理を実行する

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートンのメインウィンドウで、[セキュリティ]をダブルクリックしてから[履歴]をクリックします。

  3. [詳細]ペインで[オプション]をクリックします。

    [その他のオプション]リンクを使って、項目に対する処理を選択する前にその項目についての詳細を表示できます。 このリンクで、リスクに関する詳しい情報を含む[ファイルインサイト]ウィンドウが開きます。

  4. [脅威が検出されました]ウィンドウで実行したい処理を選択します。次のようなオプションがあります。

    [復元]

    検疫したセキュリティリスクをパソコンの元の場所に戻します。

    このオプションは手動で検疫した項目に対してのみ利用できます。

    [このファイルを復元して除外]

    選択した検疫項目を修復せずに元の場所に戻し、今後のスキャンでこの項目が検出されないように除外します。

    このオプションは検出されたウイルス性脅威と非ウイルス性脅威に対して利用できます。

    [履歴から削除]

    選択した項目をセキュリティ履歴ログから削除します。

    [シマンテック社に提出]

    セキュリティリスクの評価のために選択した項目をシマンテック社に送信します。

    場合によっては、ノートンがセキュリティの脅威として識別しない項目に感染の疑いがあることがあります。このような場合、このオプションを使って、さらに分析するためにその項目をシマンテック社に提出できます。

    リスクによっては[ファイルインサイト]ウィンドウの[オプション]リンクを使ってこのウィンドウに移動することもできます。

  5. 画面の指示に従って操作します。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v6200305_ns_retail_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2018/09/14