電子メールクライアントにノートン アンチスパムツールバーが表示されない

電子メールクライアントにノートン アンチスパムツールバーが表示されない場合、お使いの電子メールクライアントとノートン アンチスパムとの互換性を確認する必要があります。

電子メールクライアントとノートン アンチスパムとの互換性

    • Microsoft Outlook: Outlook 2003 以降

    • Outlook Express: ノートン アンチスパムは Outlook Express をサポートしていません

    • Windows Mail: ノートン アンチスパムは、Windows Vista と Windows 7 の Windows Mail と互換性があります。

      スパムメールには [Norton AntiSpam] のタグが付きますが、ノートン アンチスパムツールバーはありません。[迷惑メール]フォルダにメールを移動させるには、Windows Mail でルールを追加する必要があります。

    サポートされているプロトコルとポート:

    • POP3 プロトコルと SMTP プロトコルのみサポートされます。

    • SSL の POP3 はサポート対象外です。

    • IMAP と Exchange のアカウントはサポート対象外です。

    • 電子メールクライアントのポートをデフォルトの 110 以外に設定している場合、新しいポートを保護ポートに追加する必要があります。

保護ポート一覧へのポートの追加

  1. ノートン製品を起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[スパム対策]をクリックします。

  4. [フィルタ]タブで、[保護ポート]の横の[設定]をクリックします。

  5. [追加]をクリックします。

  6. [保護するポートの追加]ウィンドウで、[ポートの種類]を選択し、ポート番号を入力します。[OK]ボタンをクリックします。

  7. [適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

Microsoft Outlook でも、ノートン アンチスパムツールバーは統合しないと表示されません。この問題を解決するには、スパム対策のクライアントの統合を無効にし、再度有効にします。

次の手順は最新版のノートン製品向けです。以前のバージョンのノートン製品をお持ちの場合や、お使いの製品のバージョンがご不明な場合は、ノートン アップデートセンターにアクセスしてください。

手順 1

Microsoft Outlook 用のスパム対策のクライアント統合を無効にする

  1. ノートン製品を起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[スパム対策]をクリックします。

  4. [クライアント統合]タブで、[電子メールクライアント]の[Outlook]の横のスライダーを動かして[オフ]にします。

  5. [適用]ボタン、[閉じる]ボタンの順にクリックします。

  6. すべてのプログラムを閉じて、コンピュータを再起動します。

手順 2

Microsoft Outlook 用のスパム対策のクライアント統合を再び有効にする

  1. ノートン製品を起動します。

  2. [設定]をクリックします。

  3. [設定]ウィンドウで、[スパム対策]をクリックします。

  4. [クライアント統合]タブで、[電子メールクライアント]の[Outlook]の横のスライダーを動かして[オン]にします。

  5. [適用]ボタン、[閉じる]ボタンの順にクリックします。

  6. すべてのプログラムを閉じて、コンピュータを再起動します。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v57920813_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2018/03/20