その他の製品

ノートン デバイスセキュリティの拡張設定を設定する

パソコン、ネットワーク、Web セキュリティオプションによって、さまざまな脅威から保護できます。最良の結果を得るには、すべての[拡張]設定をオンのままにしてください。

拡張設定を構成する

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートンのメインウィンドウで[セキュリティ]をダブルクリックしてから[拡張]をクリックします。

  3. [拡張]ウィンドウで、以下の機能がオンになっていることを確認します。

    • [自動保護]

      ユーザーの操作中にバックグラウンドで実行され、ウイルスやその他の脅威を絶え間なくスキャンします。[自動保護]をオフにすると、ノートンは自動的に[SONAR 保護]、[ダウンロードインテリジェンス]をオフにします。

    • [SONAR 保護]

      脅威からのリアルタイム保護を実現し、未知のセキュリティリスクをプロアクティブに検出します。[自動保護]がオフになっていると、このオプションにはアクセスできません。

    • [スマートファイアウォール]

      使用中のパソコンとその他のパソコン間のネットワーク活動を監視して、権限がないトラフィックを遮断します。

    • [侵入防止]

      オペレーティングシステムやインストール済みプログラムの脆弱性を攻略しようとする攻撃シグネチャのネットワークトラフィックをスキャンします。

    • [電子メール保護]

      電子メールの添付ファイルの脅威を遮断します。ノートンのサービスは、ウイルスとその他のセキュリティの脅威から保護するように、電子メールを自動的に設定します。

    • [ブラウザ保護]

      Web ブラウザの脆弱性を攻略しようとするマルウェアを遮断します。重要な情報を保護し、攻撃者がシステムにアクセスしないようにします。

    • [ダウンロードインテリジェンス]

      ブラウザからダウンロードした安全でないファイルから保護します。ダウンロードしたファイルを開いたりインストールしても安全かどうかがわかります。[自動保護]がオフになっていると、このオプションにはアクセスできません。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v57755763
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2021/01/06