Norton ConnectSafe を使用するためのルーター設定

Norton ConnectSafe は、危険なサイトを自動的に遮断することで、お客様のホームネットワーク保護の最初の階層を提供する無償のサービスです。

ルーターの製造元により、ルーターの設定手順は異なります。次の手順は参考情報として提供しています。詳しくは、ルーターのサポートマニュアルを参照してください。

DSL または無線ルーターを設定する

  1. Web ブラウザを起動する。

  2. アドレスバーにルーターの IP アドレスを入力し、Enter キーを押す。

    一般的に、192.168.1.1 と 192.168.0.1 が、多くの製造元によりデフォルトの IP アドレスとして広く使用されています。ルーターの製造元が異なる IP アドレスを使用している場合は、ルーターのヘルプやマニュアルを参照してください。

  3. 管理者のユーザー名とパスワードを入力してから、[OK]ボタンをクリックする。

    ルーターの設定のページが Web ブラウザで開きます。

  4. DNS の設定を見つけて開く。

    WAN の設定の中に DNS の設定オプションがある場合があります。

  5. 優先 DNS サーバーと代替 DNS サーバーのフィールドに、使用したいコンテンツフィルタポリシーに応じて 2 つの Norton ConnectSafe IP アドレスを入力する。

    Norton ConnectSafe は、次のような家庭や個人向けの定義済みコンテンツフィルタポリシーを提供しています。

    ポリシー

    IP アドレス

    説明

    ポリシー 1: セキュリティ

    • 199.85.126.10

    • 199.85.127.10

    マルウェアを有するサイト、フィッシングサイト、詐欺サイトをすべて遮断します。

    ポリシー 2: セキュリティ + アダルト

    • 199.85.126.20

    • 199.85.127.20

    このポリシーは、安全でないサイトを遮断するだけでなく、性的表現が露骨なサイトへのアクセスも遮断します。

    ポリシー3: セキュリティ + アダルト + その他

    • 199.85.126.30

    • 199.85.127.30

    小さいお子様のいるご家庭に適しています。 このポリシーは、安全でないサイトとアダルトサイトを遮断するだけでなく、大人向けの内容、中絶、アルコール、犯罪、カルト、麻薬、ギャンブル、中傷、性的指向、自殺、タバコ、暴力についてのサイトへのアクセスを遮断します。

  6. [適用]、[保存]、[設定の保存]などのボタンをクリックする。

  7. ルーターを再起動して変更を適用する。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この情報は役に立ちましたか?

文書番号(ID): v53246970_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows, Mac OS X
最終更新日: 2015/10/29