その他の製品

ノートン クラウドバックアップを初めて使用する

クラウドバックアップにより、ハードディスクドライブの障害、デバイスの盗難、さらにはランサムウェアによるデータ損失への予防対策として、重要なファイルと文書を保存して保護できます。

ノートン クラウドバックアップは Windows でのみ利用できます。

ノートン クラウドバックアップを実行する前に、バックアップを作成するファイルの種類を指定するバックアップセットを作成する必要があります。ファイルをバックアップする場所とバックアップを実行するタイミングも指定できます。ファイルのバックアップは、ノートン クラウドバックアップを使用してクラウドに作成したり、外付けドライブに作成したりできます。

初めてバックアップを実行するときは、ノートンがパソコンのすべてのファイルを確認してコピーするのに、少し時間がかかる可能性があります。インターネット接続が遅い場合、処理時間が長くなる可能性があります。

手順 1

バックアップセットを作成します

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートンのメインウィンドウで、[バックアップ]をダブルクリックしてから[バックアップセット]をクリックします。

  3. [概略]ページの[次のいずれかを選択できます]で、[新しいバックアップセットの作成]をクリックします。

    表示されるウィンドウでバックアップセット名を入力してから[OK]をクリックします。

  4. [対象]ページの[ファイルの種類]で、1 つ以上のファイルカテゴリを選択します。

  5. [バックアップセットの管理]ウィンドウで、[設定を保存する]をクリックします。

  6. [場所]タブの[バックアップ先]列で、バックアップを作成する場所を選択します。

    [セキュアクラウドストレージ]を選択した場合、リンクをクリックして、指示に従ってノートン アカウントにログインし、オンラインバックアップをアクティブ化します。

    [帯域幅の調整]設定を使用すると、ノートンで使用するインターネット帯域幅を設定してファイルのバックアップをクラウドストレージに作成できます。次の帯域幅の調整状態を変更できます。

    • [最速 (推奨)]

    • [高使用率]

    • [中使用率]

    • [低使用率]

    推奨設定を選択すると、バックアップはインターネット帯域幅全体を使用するため、他のインターネット活動の速度が低下する可能性があります。

  7. [タイミング]タブで、[スケジュール]リストを使用して必要なバックアップに最も合うバックアップスケジュールを選択します。

手順 2

ノートン クラウドバックアップを実行する

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが開いたら、[デバイスセキュリティ]の横にある[開く]をクリックします。

  2. ノートンのメインウィンドウで[バックアップ]をダブルクリックしてから[バックアップを実行する]をクリックします。

  3. [バックアップを実行する]ウィンドウで、画面上の指示に従います。

  4. [閉じる]をクリックします。

    バックアップが完了しない場合、ノートンは、ストレージ容量が不十分、速度制限など、可能性のある原因を提示します。バックアップ時は、インターネットに接続されていて、ストレージデバイスが接続され、電源がオンになっていることを必ず確認してください。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v19213795
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2019/06/21