その他の製品

ノートン製品でスプリットトンネルを有効にして VPN トラフィックを管理する

ノートン アプリのスプリットトンネル機能を使用すると、一部のアプリを VPN チャネルから除外し、その他のアプリを直接インターネットに接続できます。

スプリットトンネル機能は、Windows と Android 用のノートン 360 アプリとノートン セキュア VPN アプリでのみ使用できます。

スプリットトンネルを使用するには、デバイスに応じて、次のいずれかの操作をします。

Windows でノートン 360 アプリを使用している場合

  1. ノートンを起動します。

    [マイノートン]ウィンドウが表示されたら、[セキュア VPN]の横にあるドロップダウンメニューから、[設定]をクリックします。

  2. [設定]ウィンドウで、[スプリットトンネル]の横にあるアイコンをクリックします。

  3. [スプリットトンネル]ウィンドウで、スライダーを移動して機能を有効にします。

    [アプリを除外しました]セクションで[追加]をクリックし、セキュア VPN のトラフィックから除外するアプリケーションを選択します。

  4. 警告メッセージが表示された場合は、[OK]をクリックします。

    新しく選択したアプリケーションは、次回 VPN をオンにしたときに、セキュア VPN のトラフィックから除外されます。

    警告メッセージは、ノートン 360 でセキュア VPN をオンにしたときにのみ表示されます。

Windows でノートン セキュア VPN アプリを使用している場合

  1. Windows でノートン セキュア VPN アプリを起動します。

  2. アプリの上部にある[設定]アイコンをクリックし、[スプリットトンネル]をクリックします。

  3. [スプリットトンネル]ページで、[セキュア VPN のトラフィックからアプリを除外]のスライダーを動かして有効にします。

  4. [アプリケーションの追加]をクリックします。

    [別のアプリケーションの追加]ウィンドウで、セキュア VPN のトラフィックから除外するアプリを選択し、[開く]をクリックします。

  5. [VPN をオンにする]をクリックします。

Android でノートン セキュア VPN アプリを使用している場合

  1. セキュア VPN を開きます。

  2. 画面左上にあるメニューアイコン をタップして、[設定]をタップします。
  3. [設定]画面で、スライダーを動かして[スプリットトンネリング]を有効にする。

  4. アプリを除外するには、[スプリットトンネリング]で[アプリの除外]をタップします。

  5. [アプリの除外]画面で、 をクリックしてセキュア VPN のトラフィックから除外するアプリを選択します。

    VPN をオフにして再びオンにし、[スプリットトンネリング]に対する変更を適用します。

Android でノートン 360 アプリを使用している場合

  1. ホーム画面から、ノートン 360 アプリを起動します。

  2. [VPN]をタップします。

  3. [プライバシー]画面の右上にある設定アイコン をタップします。

  4. [スプリットトンネリング]の横のスライダーを動かして[オン]にします。

  5. アプリを除外するには、[スプリットトンネリング][アプリを除外]をタップします。

  6. [アプリを除外]画面で、 をクリックしてセキュア VPN のトラフィックから除外するアプリを選択します。

  7. スプリットトンネリングに加えられた変更を適用するには、一度 VPN をオフにしてもう一度オンにします。

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v137513095
オペレーティングシステム: Android;Windows
最終更新日: 2022/03/08