その他の製品

ノートン ID セーフと Google Chrome との互換性

Google Chrome 用ノートン ID セーフ拡張機能の新しいバージョンがリリースされました。

外観と操作方法は新しくなりましたが、従来どおり、オンラインで扱う必要がある個人情報に簡単に安全にアクセスできる便利なツールです。

Google Chrome 用のノートン ID セーフ拡張機能で何が変わりましたか

  • 拡張機能の移行後も、以前と同じオンラインのデータ保管庫にアクセスできますが、次の違いがあります。

    • ノートン ID セーフ拡張機能独自のボタンが Chrome に表示されます。ノートン セキュリティツールバーのデータ保管庫ボタンは廃止されました。

    • 以前と同じノートン アカウントとデータ保管庫のパスワードをお使いいただけますが、ノートン ID セーフ拡張機能で表示される新しい画面に入力する必要があります。

    • 保護の強化のため、Google Chrome をすべて閉じて再起動する度にデータ保管庫のパスワードを入力する必要があります。

    • この拡張機能ではローカルデータ保管庫にはアクセスできません。既存のローカルデータ保管庫の内容をオンラインデータ保管庫に移管し、Chrome でノートン ID セーフ拡張機能を使用することをお勧めします。

    その他の変更:

    • データ保管庫内の項目のタグは現在サポートされていません。データ保管庫内の項目のグループ化や整理の方法について改良を予定しています。

    • Chrome 用の新しい拡張機能では、ノートン セキュリティツールバーからの自動入力機能は利用できません。すべてのタイプの Web フォームで簡単にデータ保管庫の情報にアクセスできる新しい方法を開発中です。

Google Chrome 用のノートン ID セーフ拡張機能で何が変わりましたか

  • ノートン ID セーフは独立した Chrome ブラウザ拡張機能として入手できます。このアドオン拡張機能は Google Chrome ブラウザのあるシステムであればインストールできます。ノートン セキュリティなどのノートン製品をインストールする必要はありません。

    この拡張機能には、次の優れた新機能があります。

    • 専用のブラウザ拡張機能ボタンにより、ポップアップウィンドウから簡単に操作。

    • 新しいタブで開く、わかりやすく使いやすいフルサイズのデータ保管庫画面。

    • 新しいブラウザ内ボタンとポップアップウィンドウでノートン ID セーフを使用してフォーム入力が可能。

    • ブラウザに組み込まれた通知機能を使用した警告画面。

    • 利用者の多いサイトの支払い方法フォームでクレジットカード欄に簡単に入力。

    • データ保管庫画面に利用者の多いサイトのアイコンが追加され、ログイン情報が識別しやすい。

    • 住所情報、ウォレット、メモなど、ノートン ID セーフデータ保管庫のすべての項目タイプをサポート。

    • ウォレットのサポート: 銀行口座、お気に入りがこのリリースで追加されました。

このノートン ID セーフ拡張機能は、ノートン セキュリティ製品の最新版でのみ利用できます。この更新版は、以前のバージョンの製品と ID セーフスタンドアロン版と互換性がありません。

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この解決策が問題解決の役に立った。

はい いいえ

この解決策の改善にご協力ください。

お客様のご協力に感謝いたします。

次に行いたいことを選択してください。

ほかの解決策を探す、ノートン コミュニティを閲覧する、またはサポートに問い合わせる

文書番号(ID): v125566167_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Windows
最終更新日: 2019/02/19