Mac で別の Web サイトにリダイレクトされる、またはポップアップが表示される

Mac OS X には、潜在的な迷惑プログラム、アドウェア、ブラウザハイジャッカーに対する脆弱性が存在します。このようなプログラムやツールバーは、Web の通信トラフィックを発生させ、ほかの不審なサイトでの販売に結び付く情報を収集します。Web ブラウザに広告やスポンサーリンクを表示することもあります。多くの場合、このようなツールバーはお客様が普通にダウンロードしてインストールした無償のプログラムにバンドルされています。このようなバンドルツールは、お客様がソフトウェアをダウンロードしてインストールするために承諾しなければならない使用許諾契約を含んでおり、契約は迷惑ツールバーを含むバンドル内のソフトウェアすべてに適用されます。使用許諾契約を承諾しているため、ツールバーが疑わしい振る舞いをしても、ノートン製品は悪質なソフトウェアとして検出しません。

Mac がマルウェアに感染した場合、次のような現象が発生することがあります。

  • 閲覧している Web ページに広告バナーが表示される。

  • Web サイトに移動すると、ランダムで意図しない別のページにリダイレクトされる。

  • ブラウザにポップアップが表示され、偽のアップデートやほかのソフトウェアを勧められる。

  • 知らないうちに別の迷惑なアドウェアプログラムがインストールされる可能性もあります。

迷惑プログラムや迷惑ツールバーとして知られているものには、VSearch、Conduit、Genieo、GoPhoto、Jollywallet、Savekeep、MacShop、Yontoo、Shopper Helper Pro、Slick Savings、PallMall、Awesome Screenshot があります。

一般に、アドウェアは新しいツールバーをインターネットブラウザにインストールし、デフォルトの検索エンジン設定をサードパーティの検索エンジンに変更します。お使いのブラウザに応じて、拡張機能を削除してブラウザの設定をリセットし、迷惑ツールバーと検索エンジンを完全に削除します。

フリー Wi-Fi をお使いですか?

フリー Wi-Fi は、空港、喫茶店、ショッピングモール、レストランなどで無料でインターネットへのアクセスを可能にします。フリー Wi-Fi は便利ですが、そのネットワークの使用にはリスクがあります。

お客様の情報を、ノートン WiFi プライバシーなどの仮想プライベートネットワーク (VPN) で漏えいから保護しましょう。

詳しくはこちら ビデオを見る

ご利用ありがとうございました。

ノートン サポートをご利用いただきありがとうございます。

< 戻る

この情報は役に立ちましたか?

文書番号(ID): v102043536_EndUserProfile_ja_jp
オペレーティングシステム: Mac OS X
最終更新日: 2017/05/10